裳華房のtwitterをフォローする


【裳華房】 メールマガジン「Shokabo-News」連載コラム 
裳華房 編集子の“私の本棚”

禁無断転載 → 裳華房メールマガジン「Shokabo-News」

第42回 “偶然”を見逃さなかった科学者たちの物語

ゴーガン 著『天才科学者のひらめき36』(創元社)

 編集者のFです。先月、今年のノーベル賞が発表されましたね! 発表の瞬間をライブで観た方も多かったのではないでしょうか。小社の編集部でも各機関の予想を拝見しながら(あわよくばウチの本と関係するアノ研究がとると嬉しいという本音も出つつ……)、今年も楽しみました。
 ところで、すばらしい発見をした科学者のインタビューの中で、偶然の出来事が発見につながったというエピソードを耳にすることがあります。たとえば、2000年にノーベル化学賞を受賞した白川英樹氏のエピソード(助手が間違えて必要量の1000倍の触媒を入れてしまい、この偶然が導電性高分子を発見するきっかけとなった)は、マスコミにも取り上げられ有名になりました。
 今回紹介する『天才科学者のひらめき36 世界を変えた大発見物語』では、このような偶然を味方につけて実を結んだタイプの大発見を、自然科学や医学、情報工学などの幅広い分野から36個ピックアップしてまとめています。

 ただし、本書は、発見に至るエピソードや研究内容を、ふつうに紹介した本ではありません。著者は、偶然を成功につなげるには、偶然に訪れる「チャンス」のほかに、その偶然を見逃さない充分な「知識」、さらに偶然の正体をつきとめたいという強い「好奇心」、この3拍子が揃うことが条件になると語っています。本書は、36個それぞれのエピソードにおいて、一貫してこの3拍子にスポットを当て、発見の条件を鮮明にしている点がユニークです。
 さらに、これらの発見を大まかな年代別に分類し、古いもの(1800年以前)から新しいもの(2000年代)へと順に紹介しています。万有引力の法則、ダイナマイト、ペニシリンなど、よく知られているエピソードも含まれますが、様々なジャンルの発見を、3拍子というコンセプトで年代別に並べると、また違った見方ができて、「チャンス」の傾向が掴めるかも(?)しれません。

 とはいえ、そんな小難しいことは考えてなくても、一般向けの科学の読み物なので専門的な内容はあまり含まれていませんし、フルカラーでデザイン性も高く、ビジュアル面でも楽しませてくれる一冊です。
 高校生や文系の方にもおすすめです。


【今回ご紹介した書籍】
『天才科学者のひらめき36 −世界を変えた大発見物語−
  リチャード・ゴーガン 著,北川玲 訳/判型22.6cm×17.4cm/256頁/
  定価(本体2000円+税)/2012年4月/創元社/ISBN 978-4-40022-8
  版元品切れ中


「裳華房 編集子の“私の本棚”」 Copyright(c) 裳華房,2016
Shokabo-News No. 329(2016-11(1))に掲載 



※「裳華房 編集子の“私の本棚”」は,裳華房のメールマガジン「Shokabo-News」にて連載しています.Webサイトにはメールマガジン配信の約1か月後に掲載します.是非メールマガジンにご登録ください.
   Shokabo-Newsの登録・停止・アドレス変更



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.