裳華房のtwitterをフォローする


【裳華房】 メールマガジン「Shokabo-News」連載コラム 
鹿野 司の“読書ノート”

禁無断転載 → 裳華房メールマガジン「Shokabo-News」


第19回 食べものと健康についてのバランスの取れた情報提供

佐々木 敏 著『佐々木敏の栄養データはこう読む!』(女子栄養大学出版部)

 健康に良い食べ物とは何かとか、新しいダイエット法とか、食品と健康に関する情報は巷にあふれている。おそらく、少しでも科学と関わるような情報の中で、最も多くの人が関心を持つのが、この種の話題だろう。
 しかし、世に氾濫するこの種の情報のうち、科学的に正しいと言える、根拠に基づいた話はどちらかというと限られている。
 逆に、信じるべきでない話や、もっともらしい論理で解説されていても、実際には学問的に明らかでない情報が、既成事実のような顔をして一人歩きしていることも多い。これは下手をすると、専門家に近い人でさえ、間違っているというのが、日本の現状だという。
 実際、「高コレステロール食品を食べると血中コレステロールが上がる」とか、「あぶらを食べると中性脂肪が上がる」「糖尿病の原因は甘い物の取りすぎ」などの、広く普及してしまった間違った情報を、今でもなんとなくそうだと信じている人は、少なくないだろう。

 この『栄養データはこう読む!』は、根拠に基づく栄養学(EBN:エビデンス・ベースド・ニュートリション)の一般向け解説書として、非常に解りやすく面白い。本書の魅力は、脂質や塩分摂取の問題から、ダイエットなど、近年話題になることの多いエピソードの数々について、根拠を示しながら実際にはどうかを紹介しつつ、食品栄養情報がどうして歪むのかや、我々がアクセスすべき情報は何か、それはどこにあるかまで、丁寧に示してくれているところにある。
 たとえば近年、低炭水化物ダイエットが流行っていて、様々な理論で有効性をうたう記事を、ネットを含めあちこちで目にする。しかし、実際には摂取カロリーが同じなら、何をどういう比率で食べても大差はなく、低炭水化物食がダイエットに有効という、科学的なデータは存在しないという。
 あるいは、そんなに食べてないはずなのに太るのは何故かという疑問は、多くの人が抱くものだろう。これは実は、人は食べたものの1割〜2割は忘れているかららしい。主菜の印象が強くて副菜を食べたことを忘れたり、食べなかったことにしたい食品を都合良く忘れる傾向があるという。それが実験的に示されているのが興味深い。
 太らないことをうたったダイエットは世の中に山ほどあるが、科学的な方法で量的に確かめられたものは限られていて、その数少ないものの一つが、「ゆっくり食べたほうが太りにくい」というものだったりする。
 また疫学調査では、朝食を食べたほうが太りにくいのに、一日の摂取カロリーは朝食を抜いたほうが少ないという、一見不思議な現象についても取り上げられている。

 食べものと健康の関係をヒトで探る学問を「人間栄養学」というが、日本ではこれを、高度な学問として学んだり、研究するための場が乏しく、それは今も変わっていない。
 また、この分野では、栄養疫学研究が欠かせないが、日本ではあまり広まっていない。
 たとえば、地中海食は研究が多く世界的にも健康的な食事として認知されているが、日本人は日本食が健康食だと信じ、実際に世界一レベルの長寿を誇っているものの、それらを科学的に調べたデータは少なく、世界にも発信してこなかったという。
 このように、本書には食品と栄養に関して、以前から興味を持っていた人でも、なるほどそうだったかと思える情報がたくさん込められている。世間に溢れる色々な方向に偏った情報に惑わされないよう、バランス良く情報を摂取するための中立点のようなものを、本書を通じて知ることができると思う。


【今回紹介した書籍】

◆『佐々木敏の栄養データはこう読む! −疫学研究から読み解く ぶれない食べ方−
  佐々木 敏 著/A5判/320頁/価格(本体2700円+税)/2015年3月刊行
  女子栄養大学出版部/ISBN 978-4-7895-5442-8
  http://eiyo.sub.jp/shoseki/booklist/dietetics.html

「鹿野 司の“読書ノート”」 Copyright(c) 鹿野 司,2015
Shokabo-News No. 314(2015-8)に掲載 


鹿野 司(しかのつかさ)さんのプロフィール】 
サイエンスライター.1959年愛知県出身.「SFマガジン」等でコラムを連載中.主著に『サはサイエンスのサ』(早川書房),『巨大ロボット誕生』(秀和システム),『教養』(小松左京・高千穂遙と共著,徳間書店)などがある.ブログ「くねくね科学探検日記


※「鹿野 司の“読書ノート”」は,裳華房のメールマガジン「Shokabo-News」にて隔月に連載しています.Webサイトにはメールマガジン配信の約1か月後に掲載します.是非メールマガジンにご登録ください.
   Shokabo-Newsの登録・停止・アドレス変更



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.