裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『宮沢賢治と化学』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 12
宮沢賢治と化学

板谷英紀 著
四六判/154頁/定価1188円(本体1100円+税8%)/1988年11月
ISBN978-4-7853-8512-5 (旧ISBN4-7853-8512-X)

 たぐいまれな心象の詩人──宮沢賢治は,描写の手段として化学的な事象を好んで用いた.彼の作品の中で化学がどのように描かれているのかを紹介し,当時の社会環境や生活における出来事などの話を交えながら,そこに登場してくる物質や現象を解説していく.

【目 次】

『宮沢賢治と化学』 カバー
科学者としての賢治
1. 亜鉛
2. アルコール
3. アルミニウム
4. 硫黄
5. エステル
6. 炎色反応
7. 過冷却
8. 銀
9. コロイド
10. 指示薬
11. 水銀
12. スズ
13. 窒素
14. ティンダル現象
15. 鉄
16. 銅
17. ナトリウム
18. 鉛
19. 白金
20. パラフィン
21. ブラウン運動
22. ヨウ素
23. リーゼガングの環



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.