裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『人と病気の科学史』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 14
人と病気の科学史

東京大学名誉教授 農博 山口彦之 著
四六判/160頁/定価1296円(本体1200円+税8%)/1989年4月
ISBN978-4-7853-8514-9 (旧ISBN4-7853-8514-6)

 人が病気との戦いの中で,どのように「生命」を理解してきたのかを振り返ります.

【目 次】

『人と病気の科学史』 カバー
1 病気と呪術
 1.1 呪術と医術
 1.2 現代の信仰療法

2 古代文化の生命観
 2.1 中国の「気」
 2.2 インドのタントラ
 2.3 ヒポクラテス学派
 2.4 医学者ガレヌス

3 近代医学の誕生
 3.1 アラブの科学
 3.2 解剖学の発達
 3.3 病理学の展開
 3.4 組織学の確立
 3.5 構成単位としての細胞

4 病原菌との戦い
 4.1 細菌学の誕生
 4.2 免疫学の展開

5 生命科学の発展
 5.1 実験科学の成立
 5.2 有機化学から生化学へ
 5.3 遺伝学と生化学の結合
 5.4 遺伝子の本体と働き

6 二十世紀のトピックスへ
 6.1 ウイルスの正体
 6.2 がんとは何か
 6.3 左脳の働き

7 日本人をさぐる
 7.1 人種の成立
 7.2 日本人の特徴
 7.3 日本人の体力
 7.4 日本人の成立

おわりに
索 引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.