裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『電池の話』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 18
電池の話

大阪市立大学名誉教授 工博 平井竹次・
元 大阪工業技術試験所 工博 高橋祥夫 共著
四六判/160頁/定価1404円(本体1300円+税8%)/1989年5月
ISBN978-4-7853-8518-7 (旧ISBN4-7853-8518-9)

 10種あまりの電池を中心に,技術開発史的立場で,「電気の缶詰」である電池の素顔や横顔,将来像までを語る.

【目 次】

『電池の話』 カバー
1.電池のいろいろ
 1.1 電池を眺めてみる
 1.2 電池の働き
 1.3 こんな所に電池が
 1.4 よい電池とは
 1.5 電池にみられるさまざまな工夫
 1.6 電池の楽しみ

2.電池のセオリー
 2.1 エネルギー変換
 2.2 化電変換
 2.3 電池の定義
 2.4 活物質・減極剤
 2.5 電解質
 2.6 セパレータ
 2.7 自己放電
 2.8 電池の表示の仕方
 2.9 電池の試し方

3.電池余話
 3.1 理想と現実
 3.2 電池のタフネス(元気さ)
 3.3 タンクとパイプ
 3.4 電気を貯める池と器
 3.5 電池は生き物
 3.6 用途対応商品の悩み
 3.7 社会に奉仕する電池
 3.8 カーバッテリー
 3.9 新製品のかげに新電池
 3.10 新幹線の非常用電池
 3.11 電池の語源
 3.12 電池の上手な買い方,使い方
 3.13 ココムと電池
 3.14 現用二次電池はなぜ新型電池の台頭を許さないのか

4.電池のエンジニアリング
 4.1 電池の設計とつくり方
 4.2 電池の命名法
 4.3 日本の電池工業

5.新型電池の出番
 5.1 リチウム電池のラインアップ(一次電池)
 5.2 リチウム電池のラインアップ(二次電池)
 5.3 電力貯蔵用電池の開発
 5.4 高効率発電システム−燃料電池
 5.5 固体電解質を使う電池
 5.6 電気自動車用電池



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.