裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『こうもりのヒソヒソ話』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 22
こうもりのヒソヒソ話
−超音波今昔−

東京大学名誉教授 工博 高木堅志郎 著
四六判/152頁/定価1296円(本体1200円+税8%)/1989年11月
ISBN978-4-7853-8522-4 (旧ISBN4-7853-8522-7)

 超音波という波動の基礎的なことからその応用までの話を,著者独特のユーモアあふれる軽快な筆致で楽しく聞かせてくれる.

【目 次】

『こうもりのヒソヒソ話』 カバー
1.静寂の音
 1.1 ピタゴラスからモノコルド
 1.2 音・光・耳・目
 1.3 虹の五線譜
 1.4 平均率炭坑節
 1.5 凸レンズが凹レンズに
 1.6 賢い波動
 1.7 見えない潜水艦
 1.8 音波のモード
 1.9 玉とバネの模型
 1.10 月夜の温泉
 1.11 ドップラー効果と衝撃波
 1.12 井の中の蛙

2.超音波の先駆者たち
 2.1 悪魔の実験
 2.2 生物ソナー
 2.3 ドップラー効果の使い手
 2.4 不確定性原理とこうもり
 2.5 イルカのメロン
 2.6 海の貴婦人
 2.7 ふくろうのねずみ捕り
 2.8 ドリトル先生とガルトン先生
 2.9 ガス灯とチェロ
 2.10 漱石と物理学

3.浪漫派の時代
 3.1 ある豪華客船の悲劇
 3.2 パリとセーヌとランジェバン
 3.3 ヴァンセンヌの森の決闘
 3.4 胸に感動、骨に激痛
 3.5 不動にして激し
 3.6 残った積木



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.