裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『摩擦の科学』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 23
摩擦の科学

理化学研究所 工博 河野彰夫 著
四六判/112頁/定価1080円(本体1000円+税8%)/1989年11月
ISBN978-4-7853-8523-1 (旧ISBN4-7853-8523-5)

 社会と技術のかかわりといった立場から“科学は生きているのだ”ということを,摩擦の科学の発展史を通じて興味深く伝える.

【目 次】

『摩擦の科学』 カバー
序.旅立ち──摩擦にかけた夢

1.摩擦はきらわれものか?

2.摩擦の歴史は技術の歴史につながる

3.産業革命──科学と技術の十字路

4.摩擦の法則の誕生

5.摩擦のいろいろ
 5.1 摩擦角と摩擦円錐
 5.2 人体の摩擦
 5.3 スポーツと摩擦
 5.4 滑りだしの摩擦と表面の状態
 5.5 転がりの摩擦と車輪の牽引力
 5.6 高速の摩擦と車輪草稿の限界

6.摩擦の法則は説明できるか

7.表面凹凸と真実接触面積

8.摩擦の原因は分子間力

9.潤滑技術の基礎は流体潤滑だが
 9.1 乾燥状態の摩擦
 9.2 油の利用
 9.3 流体潤滑
 9.4 転がり要素の利用
 9.5 固体潤滑
 9.6 境界潤滑の今後

10.表面の科学と境界潤滑

11.現代は技術先行の時代──次の交差点は近い?

終.遙かな地平線──技術と社会のはざま



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.