裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『チンパンジーのなかのヒト』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 27
チンパンジーのなかのヒト

神戸学院大学教授 理博 早木仁成 著
四六判/162頁/定価1296円(本体1200円+税8%)/1990年1月
ISBN978-4-7853-8527-9 (旧ISBN4-7853-8527-8)

 著者がアフリカで調査を続けているチンパンジーを中心に,豊富な写真と実体験を織り交ぜて霊長類を考える.そして,チンパンジーの中に,現代人では覆い隠されてしまっている,ヒトが本来もっていたものを見出していく.

【目 次】

『チンパンジーのなかのヒト』 カバー
プロローグ

1.霊長類のなかのチンパンジーとヒト

2.単位集団
 2.1 霊長類の社会集団
 2.2 チンパンジーの社会単位
 2.3 メスの移籍とチンパンジーの社会構造

3.社会関係
 3.1 オトナたちの社会関係
 3.2 コドモからオトナへ
 3.3 単位集団間の関係
 3.4 子殺し
 3.5 これからの章のためのメッセージ

4.挨拶
 4.1 挨拶とは何なのだろうか
 4.2 チンパンジーの挨拶行動
 4.3 挨拶と優劣関係
 4.4 挨拶とアイデンティティ

5.遊び
 5.1 レスリング
 5.2 指相撲
 5.3 追いかけっこ
 5.4 想像的な遊び
 5.5 遊びと同調現象

6.社会的な知能
 6.1 チンパンジーの知的能力
 6.2 うそとごまかし
 6.3 優位性の誇示
 6.4 なだめとなぐさめ
 6.5 仲直り

7.権力闘争
 7.1 オスの連合
 7.2 権力闘争
 7.3 老獪な戦略
 7.4 親しさの背後にあるもの

8.平等原則の台頭
 8.1 同調、自己主張、約束ごと
 8.2 人間平等起源論
 8.3 平等原則のかなたに

エピローグ



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.