裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『エッセンシャルオイルの化学』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 28
エッセンシャルオイルの化学

近畿大学名誉教授 理博 亀岡 弘 著
四六判/190頁/定価1404円(本体1300円+税8%)/1990年1月
ISBN978-4-7853-8528-6 (旧ISBN4-7853-8528-6)

 植物から製取される揮発性の有効物質−「エッセンシャルオイル(精油)」について幅広く,わかりやすく解説しました.

【目 次】

『エッセンシャルオイルの化学』 カバー
1. はじめに

2. 精油の歴史(香料を含めて)

3. 精油とその工業(香料を含めて)
 3.1 天然物の活用
 3.2 合成香料の台頭
 3.3 テルペン化学の進歩
 3.4 今日の精油・香料工業

4. においとは
 4.1 においの感覚
 4.2 嗅覚の特性
 4.3 においの分類
 4.4 Amooreの嗅覚に関する立体化学説
 4.5 においと化学構造

5. 精油
 5.1 精油生成とその化学
 5.2 テルペン類
 5.3 精油の製造法
 5.4 植物精油とその主要成分

6. 精油の機能と有用性
 6.1 香りの機能性
 6.2 精油と薬理作用
 6.3 化粧品と精油・香料
 6.4 芳香療法

7. 精油の安全性

8. 精油の分析法
 8.1 官能試験
 8.2 物理的試験と化学的試験
 8.3 機器による精油の分析



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.