裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『生化学の魔術師』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 33
生化学の魔術師
―ポルフィリン―

元大阪市立大学教授 理博 森 正保 著
四六判/216頁/定価1404円(本体1300円+税8%)/1990年5月
ISBN978-4-7853-8533-0 (旧ISBN4-7853-8533-2)

 血液の赤色や木の葉の緑色の原因となるポルフィリン―身近でありながら親しみの薄いこの物質について考えました.

【目 次】

『生化学の魔術師』 カバー
1. ポルフィリンの生い立ち
 1.1 血色素とポルフィリン
 1.2 葉緑素
 1.3 ポルフィリンができた!
 1.4 二十世紀の顔料 フタロシアニン
 1.5 ウェルナーの配位説
 1.6 配位子としてのポルフィリン

2. ポルフィリンの生化学
 2.1 生体における酸素の運び手
 2.2 内呼吸と青酸中毒
 2.3 酸素化酵素と解毒
 2.4 ポルフィリンの代謝
 2.5 西洋ワサビペルオキシダーゼ
 2.6 光合成

3. 生体系モデル錯体
 3.1 酸素を脱着するコバルト錯体
 3.2 人工酸素輸液
 3.3 二原子分子の電子論
 3.4 遷移金属の電子論
 3.5 ビタミンB12のモデル物質
 3.6 光合成に学ぶ

4. ポルフィリンの合成と反応
 4.1 有機化学反応の原動力
 4.2 ピロールの合成
 4.3 ポルフィリンの合成
 4.4 中心金属の導入とヘムタンパクの再構成
 4.5 酸化と還元
 4.6 触媒作用

5. 金属ポルフィリンの分光と物性
 5.1 金属ポルフィリンの電気伝導性
 5.2 金属ポルフィリンの磁性
 5.3 核磁気共鳴スペクトル(NMR)
 5.4 赤外線吸収スペクトルとラマン効果
 5.5 電子の非局在化と芳香族性
 5.6 光吸収スペクトル



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.