裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『ミステリーと化学』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 53
ミステリーと化学

元鹿児島大学教授  今村壽明・
元日本赤十字看護大学教授 理博 山崎 昶 共著
四六判/186頁/定価1296円(本体1200円+税8%)/1991年6月
ISBN978-4-7853-8553-8 (旧ISBN4-7853-8553-7)

 『蒼ざめた馬』『まだらの紐』『毒薬』『カジノ殺人事件』・・・.古今東西さまざまなミステリー作品十数編を取り上げ,これまでとは少し変わった切り口で興味深く,作品に登場する化学的な事柄を解説しました.ミステリーの新しい楽しみ方!

【目 次】

『ミステリーと化学』 カバー
1. 操り人形
 1.1 短編小説の大家O.ヘンリー
 1.2 ニトログリセリンとダイナマイトとノーベル
 1.3 薬物としてのニトログリセリン

2. その名はバイルシュタイン
 2.1 アイザック・アシモフ
 2.2 フィリードリッヒ・コンラート・バイルシュタイン
 2.3 シアン化カリウム(青酸カリウム)

3. まだらの紐
 3.1 シャーロック・ホームズの伝記
 3.2 シャーロック・ホームズの生みの親
 3.3 ロイロット博士の用いた蛇は?
 3.4 蛇毒の解毒薬は?

4. 夾竹桃
 4.1 西南戦争と夾竹桃
 4.2 夾竹桃の博物学
 4.3 毒と薬との間

5. キプロスの蜂
 5.1 キプロス蜂とはどんな蜂?
 5.2 蜂に刺されると
 5.3 蜂刺されにアンモニアというインチキ医学
 5.4 アレルギーとアナフィラキシー現象
 5.5 ロイヤルゼリー
 5.6 女王蜂とフェロモン

6. 毒草
 6.1 日本における推理小説の巨星・江戸川乱歩
 6.2 乱歩が想定した毒草は?
 6.3 酸漿の博物学
 6.4 ホオズキの本草学
 6.5 麦角(バッカク)
 6.6 プロスタグランジン

7. 蒼ざめた馬
 7.1 化学元素の周期表
 7.2 悪魔の元素の誕生
 7.3 後日談
 7.4 日本でも起こったタリウム中毒事件
 7.5 アガサ・クリスティー

8. 愚人の毒
 8.1 著者 小酒井不木
 8.2 なぜ,ヒ素が「愚人の毒」なのか?
 8.3 医薬あるいは美容薬として用いられたヒ素剤
 8.4 チェーザレ・ボルジア
 8.5 マーシュ法
 8.6 ナポレオンの死因は?
 8.7 ヒ素の毒作用のメカニズムと解毒作用

9. 『襲撃』(「アリスミステリー」より)
 9.1 アリスミステリーとは
 9.2 ルイス・キャロル
 9.3 河出文庫の「アリスミステリー」に収録されている山田正紀の『襲撃』について
 9.4 低温および超低温の化学
 9.5 いささか蛇足のお話

10. 毒キノコ
 10.1 アーネスト・ブラマとドロシー・セイヤーズ
 10.2 ブラマの作品『毒キノコ』
 10.3 毒キノコとその成分
 10.4 キノコ毒の構造を解明した人々
 10.5 幻覚キノコ
 10.6 終わりに一言

11. カジノ殺人事件
 11.1 カジノ殺人事件
 11.2 ヴァン・ダイン
 11.3 毒薬!
 11.4 水は毒薬か?
 11.5 実際に使われた毒薬は?

12. ローマ皇帝ネロとその母アグリッピナ
 12.1 ローマ初代皇帝アウグストゥスから五代皇帝ネロへの系図
 12.2 四代クラウディウス皇帝を殺したものは?
 12.3 ベラドンナ
 12.4 マンダラゲとマンドラゴーラ

13. ミケランジェロのだまし絵
 13.1 本物と贋物
 13.2 キャロリン・コーカー
 13.3 第二次大戦後の贋物事件
 13.4 メーヘーレン事件
 13.5 メーヘーレン贋作証明の化学的根拠
 13.6 古文化財の年代決定法

14. アスピリン(『推理する医学』より)
 14.1 バートン・ルーチェ『推理する医学』
 14.2 楊枝の発明者はお釈迦様?
 14.3 サリチル酸ができた!
 14.4 サリチル酸およびその誘導体の合成が始まった
 14.5 アスピリン
 14.6 アスピリンの効用
 14.7 貼ってすぐ効く? よく効く!

15. 煙草と悪魔
 15.1 芥川龍之介
 15.2 聖フランシスコ・ザヴィエル外字
 15.3 コロンブスから芥川龍之介へ
 15.4 煙草およびその煙の成分
 15.5 禁煙運動



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.