裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『新薬の話(I)』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 55
新薬の話(I)

元エーザイ(株) 農博 貴島静正 著
四六判/218頁/定価1404円(本体1300円+税8%)/1991年8月
ISBN978-4-7853-8555-2 (旧ISBN4-7853-8555-3)

 新薬開発の最新情報を紹介します.続編に『新薬の話(II)』があります.

 ※1996年に新版を刊行しました.

【目 次】

『新薬の話(I)』 カバー
1.新薬と医薬品
 1.1 医薬品の区分
 1.2 新薬(新開発医療用医薬品)
 1.3 後発品
 1.4 ゾロ新必要論
 1.5 薬価基準
 1.6 新薬の薬価算定
 1.7 わが国の医薬品承認状況

2.新薬の開発
 2.1 クスリはリスク
 2.2 新薬開発プロセス
 2.3 新薬承認申請ガイドライン
 2.4 新薬の優先審査制度
 2.5 申請書類のページ数
 2.6 新薬開発と特許
 2.7 新薬開発費の内訳
 2.8 メーカー別新薬開発状況と研究開発費

3.医薬品市場と新薬
 3.1 医薬品市場における新薬シェア
 3.2 新薬開発は抗生物質から成人病薬へ
 3.3 領域別臨床治療新薬数

4.世界の医薬品市場と日本の新薬開発力
 4.1 日本医薬品産業の発展
 4.2 日本での新薬開発
 4.3 日本市場の国際化と日本企業の海外進出
 4.4 世界の医薬品市場
 4.5 世界の医薬品企業
 4.6 世界に上市された新薬
 4.7 世界の医薬品ベスト50

5.これからの新薬開発
 5.1 バイオテクノロジー応用医薬品
 5.2 創薬技術
 5.3 クオリティ・オブ・ライフ(Q.O.L.)

6. がん制圧に挑戦する薬剤
 6.1 がんの診断薬
 6.2 がんの予防
 6.3 市販抗がん薬
 6.4 新抗がん焼く研究の現状
 6.5 新抗がん薬の開発
 6.6 生化学的効果修飾
 6.7 薬剤耐性の克服
 6.8 がんの浸潤・転移防止薬
 6.9 放射線増感薬・防護薬
 6.10 免疫療法
 6.11 クオリティ・オブ・ライフ(Q.O.L.)
6.12 がんの在宅治療

7. 血栓の予防と治療薬
 7.1 血栓溶解療法
 7.2 抗凝固療法
 7.3 その他の血液凝固阻止薬
 7.4 経皮的冠動脈形成術(PTCA)
 7.5 凡発性管内血液凝固症候群(DIC)
 7.6 血栓部位特定新技術
 7.7 血栓症準備状態

8. 心疾患治療薬
 8.1 心不全治療薬
 8.2 心筋梗塞治療薬
 8.3 抗狭心症薬
 8.4 抗不整脈薬

9. 脳血管障害と老人性痴呆の治療薬
 9.1 脳血管障害(脳卒中)
 9.2 老人性痴呆症



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.