裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『化学雑話』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス



ポピュラー・サイエンス 57
化学雑話

元富山大学教授  林 良重 編
四六判/192頁/定価1296円(本体1200円+税8%)/1991年8月
ISBN978-4-7853-8557-6 (旧ISBN4-7853-8557-X)

 化学ならぬ「化楽」の本を目指し,ぐっとリラックスできる内容にまとめました.肩凝りとは無縁の楽しい入門書.

【目 次】

『化学雑話』 カバー
1. 化学の基礎理論
 1.1 化学か舎密か
 1.2 炎に乗って逃げて行く−フロギストン
 1.3 天秤使い確かめた−質量保存の法則
 1.4 化合物に秩序あり−定比例の法則
 1.5 実在性のある粒子説−ドルトンの原子説
 1.6 隠されていた整数比−倍数比例の法則
 1.7 気体の粒は原子じゃない−アボガドロの分子仮説
 1.8 原子の順序に決定権−化学構造
 1.9 男女ではない−異性体

2. 気体の法則
 2.1 空気鉄砲の原理−ボイルの法則
 2.2 スプレー缶を火にくべるな−シャルルの法則
 2.3 造化の妙の整数比−気体反応の法則

3. 気体元素
 3.1 赤いボンベにご用心−水素
 3.2 太洋の元素−ヘリウム
 3.3 アンモニアにあり硝酸にあり−窒素
 3.4 ほんとはぼくは酸っぱくない−酸素
 3.5 オゾンはどんなにおい?
 3.6 塩から黄色いガスが出た−塩素
 3.7 誰とも遊ばぬ怠け者−アルゴン

4. その他の元素
 4.1 元素はどうして並べたか−周期律と周期表
 4.2 海藻から取り出したヨウ素
 4.3 触媒から懐炉まで−白金
 4.4 ほんとに飲むのバリウム!?
 4.5 液体の金属−水銀
 4.6 泣き虫の眷属−スズ
 4.7 ダイヤモンドを燃やす

5. 酸と塩基
 5.1 植物の灰−アルカリ
 5.2 エジプトの太陽神アメンがつくった−アンモニア
 5.3 胃液の主成分−塩基
 5.4 胃袋から生まれたピーエイチ−pH
 5.5 金属の王を解かす水−王水
 5.6 疑わしい酸?−ギ酸
 5.7 酒が腐れば酸っぱくなる−酢酸
 5.8 酸っぱいも甘いも同じものへ−シュウ酸
 5.9 柳の樹脂から−サリチル酸

6. 無機物質
 6.1 おしろい花も知らなかったお白粉のもと−亜鉛華
 6.2 忍者も使った防火布−アスベスト(石綿)
 6.3 ガムでないアマルガム
 6.4 ドカベンの名で懐かしい−アルマイト
 6.5 ニューセラミックスの主材料−アルミナ
 6.6 甘いけれども毒がある−鉛糖
 6.7 ボーッと火がつく花火のもと−塩剥
 6.8 ブラスバンドで名を知られ−黄銅
 6.9 土は死して名を残す−カオリン
 6.10 間違いから生まれた名−カーボランダム
 6.11 サラリーのルーツ−塩(しお)
 6.12 硝石
 6.13 辰砂
 6.14 レバー色の硫化物−硫肝(硫化カリウム)
 6.15 玄武洞をつくる黒い意志−玄武岩
 6.16 富士山の石はアンデスの石−安山岩
 6.17 粒つぶの石−花崗岩
 6.18 暗闇に光る蛍石

7. 有機化学
 7.1 「生気論」をKO?したヴェーラー−有機化学
 7.2 地から吹き出す燃えるガス−メタン
 7.3 酒から酒精,木から木精−アルコール
 7.4 六つの炭素が環をつくる−ベンゼン
 7.5 輪に輪がつながり大家族−芳香族炭化水素
 7.6 輪の周り 隣は何をする人ぞ−芳香族置換基の相互位置
 7.7 天然染料から出て合成染料へ−アニリン
 7.8 怪我の功名で解熱剤−アセトアニリド
 7.9 冬は緑に? 冬緑油−サリチル酸
 7.10 藍より出でて藍より青い−インジゴ
 7.11 植物を喰ってこぶを残す−タンニン

8. 実験器具,その他
 8.1 温度計は300歳
 8.2 器具の王様−ビーカー
 8.3 おせんべいもぱりぱり−デシケーター
 8.4 ユージオメーター
 8.5 油だけそっくり取り出す−ソクスレー抽出機
 8.6 地球でメートル 足からフィート−長さの単位
 8.7 謎の永久運動−ブラウン運動
 8.8 くずれる結晶−潮解
 8.9 触媒は助っ人
 8.10 野球場のスタンドと同じ語源−スタンド
 8.11 「駒込」ピペットの由来



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.