裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『がんはなぜできるか』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 61
がんはなぜできるか

京都大学名誉教授 理博 武部 啓 著
四六判/140頁/定価1188円(本体1100円+税8%)/1991年9月
ISBN978-4-7853-8561-3 (旧ISBN4-7853-8561-8)

 がんの克服は人類全体の最優先課題である.本書は,がんはどうして生じるかを解明する研究者の努力を追いつつ,がんの生物学の最前線を描く.がん遺伝子から,染色体,細胞,そして病気としてのがんまで,一貫した理解をめざした.

【目 次】

『がんはなぜできるか』 カバー
1. 放射線とがん
 1.1 四五年後の発がん
 1.2 放射線を浴びてからがんができるまで
 1.3 「がん」とは何か

2. がん遺伝子とは何か
 2.1 がん遺伝子の発見
 2.2 がん遺伝子の働き

3. 発がん物質
 3.1 山極・市川の発がん実験の成功
 3.2 発がんと突然変異
 3.3 発がん実験
 3.4 発がん物質の短期スクリーニング
 3.5 正しくこわがろう

4. 発がんは多段階で起こる
 4.1 がんの開始と促進
 4.2 イニシエーション(開始)としての突然変異
 4.3 プロモーション(促進)
 4.4 多段階説とがん遺伝子
 4.5 プログレッション(進行)

5. 日本人のがんと世界の人のがん
 5.1 がんは増えている
 5.2 太陽光と皮膚がん

6. がんと遺伝
 6.1 がんと素質
 6.2 遺伝するがん
 6.3 色素性乾皮症
 6.4 通常のがんと遺伝

7. 紫外線による皮膚がん発生の実験
 7.1 太陽光紫外線とオゾン層
 7.2 マウスに紫外線で皮膚がんをつくる
 7.3 がん遺伝子を探す
 7.4 がん遺伝子の突然変異
 7.5 紫外線発がんの過程

8. まとめ
 8.1 がんは多段階を経てできる
 8.2 がんを防ぐための十二カ条
 8.3 がん予防は子供のときから

あとがき
図表出典
索引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.