裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『分子のひもの謎を解く』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 64
分子のひもの謎を解く
―生体をつくる力―

名古屋大学教授 工博 美宅成樹 著
四六判/158頁/定価1296円(本体1200円+税8%)/1992年6月
ISBN978-4-7853-8564-4 (旧ISBN4-7853-8564-2)

 生体は巨大な分子や分子の凝集体から成り,その代表がタンパク質,生体膜,DNA.これら生命を支える分子群はいかにできているのか? また,高分子,液晶,ゲル等の無生物の構造体とどう違うのか? 分子同士に働く力を鍵に,その疑問に迫ります.

【目 次】

『分子のひもの謎を解く』 カバー
1. 生物ってなんだろうか?
 1.1 生物は細胞でできている
 1.2 生物は分子でできてる
 1.3 生物は階層的にできている

2. 生体高分子のはたらき
 2.1 タンパク質のはたらき
 2.2 DNAのはたらき
 2.3 生体膜のはたらき

3. 水が仲立ちする力
 3.1 水と油
 3.2 生体膜をつくる疎水性相互作用
 3.3 タンパク質と水

4. なぜ生体膜を?
 4.1 大学院時代
 4.2 研究環境と研究の動機

5. 電荷同士にはたらく力
 5.1 糊と食塩
 5.2 DNA,タンパク質,生体膜と電荷

6. どんな分子にもはたらく力
 6.1 気体と液体
 6.2 ファン・デル・ワールス力と生体物質

7. まだらのひもの謎
 7.1 膜タンパク質はまだらのひも
 7.2 変性実験からわかること

8. 構造予測の夢
 8.1 アミノ酸配列の分類
 8.2 まだらのひものジグソーパズル

9. 全部わかってしまう?
 9.1 ヒトゲノム計画と二一世紀の生物学
 9.2 ゲノム情報の二つの側面

あとがき
索引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.