裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『21世紀のハイテク農業』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 66
21世紀のハイテク農業
−植物工場−

東京農業大学客員教授 理博 高辻正基 著
四六判/144頁/定価1296円(本体1200円+税8%)/1992年5月
ISBN978-4-7853-8566-8 (旧ISBN4-7853-8566-9)

 植物工場はこれからの日本の農業,また世界的な食糧問題や,環境問題などに大きな役割を果たすことが期待されています.
 本書では人工的な植物の生産技術である植物工場について,その意義・しくみから,野菜生産の現状やイネの工場生産の可能性,そして未来の展望について紹介しています.

【目 次】

『21世紀のハイテク農業』 カバー
1. いま日本の農業は
 1.1 野菜価格の高騰
 1.2 農業は衰退する
 1.3 なぜ衰退したか
 1.4 ハイテク農業の役割
 1.5 第四の農業

2. 環境制御の原理
 2.1 主要な環境要因
 2.2 複合効果
 2.3 限界効用の逓減則
 2.4 最適化原理
 2.5 光環境
 2.6 温度環境
 2.7 炭酸ガス施用
 2.8 湿度と風速
 2.9 物理的刺激

3. 植物工場とは
 3.1 定義と範囲
 3.2 水耕栽培
 3.3 太陽光利用型植物工場
 3.4 移動栽培と密植栽培
 3.5 成長定量化と成長促進

4. 実際の植物工場
 4.1 タイプ別開発状況
 4.2 海外の植物工場
 4.3 国内の植物工場
 4.4 栽培品目
 4.5 育苗工場
 4.6 技術課題

5. 植物工場の未来
 5.1 イネの工場的生産
 5.2 地球規模の貢献
 5.3 植物工場の思想的意味

参考書
学会・研究会
索引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.