裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『稲のきた道』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 68
稲のきた道

総合地球環境学研究所教授 農博 佐藤洋一郎 著
四六判/178頁/定価1296円(本体1200円+税8%)/1992年6月
ISBN978-4-7853-8568-2 (旧ISBN4-7853-8568-5)

 稲はどのようなルートで日本にやってきたのでしょうか? それは日本人や日本文化のルーツと深く関わっています.南北二元説という仮説を証明するために,著者は何を考え,どのような実験をしたのか,そのプロセスを興味深く紹介します.

【目 次】

『稲のきた道』 カバー
1. 稲と日本人
 1.1 稲と日本人
 1.2 生物としての稲点描
 1.3 稲作の文化誌

2. かたすみの在来品種は語る
 2.1 先人は語った
 2.2 材料を集めよう

3. 遺伝子の分布を調べる
 3.1 遺伝子の分布を調べてみよう
 3.2 在来品種の異質性

4. 南からのルート
 4.1 インディカとジャポニカ
 4.2 二つのジャポニカ--熱帯型と温帯型
 4.3 日本に熱帯ジャポニカを求めて

5. 南北二元説の展開
 5.1 おもしろい話
 5.2 早生品種--出生の謎
 5.3 二つの晩生

6. 昔の稲の想像する
 6.1 北進の過程
 6.2 生物考古学
 6.3 昔の稲を再現する
 6.4 稲はどこから
 6.5 これからの生物学を考える

あとがき
索引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.