裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『ダイヤモンドとガラス』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 84
ダイヤモンドとガラス

東京工業大学名誉教授 工博 境野照雄 著
四六判/166頁/定価1404円(本体1300円+税8%)/1993年10月
ISBN978-4-7853-8584-2 (旧ISBN4-7853-8584-7)

 月とスッポンほどに違うダイヤモンドとガラス.「美に憧れる眼」と,冷徹な「科学者の眼」をあわせ持つ筆者が,独特の視点から両者を縦横に論じました.これまでにない新しいスタイルで送るユニークな科学啓蒙書.

【目 次】

『ダイヤモンドとガラス』 カバー
1. ヴェルサイユのダイヤモンド
 1.1 略奪の小太鼓
 1.2 豹の眼
 1.3 光ファイバー元年

2. ガラスの城のカドリーユ
 2.1 七色の光の幻影
 2.2 猫の目の行列

3. 天から降りそそぐ音と光
 3.1 降りそそぐ楽音
 3.2 コルドバの寺院

4. ダイヤモンドの素性と生い立ち
 4.1 ダイヤモンドの親類
 4.2 どこで生まれるのか
 4.3 ダイヤモンドの現れ方
 4.4 ダイヤモンドはどこで採れるのか
 4.5 科学の眼で見たダイヤモンド

5. ダイヤモンドの品定め
 5.1 採集
 5.2 分類
 5.3 カッティング
 5.4 ダイヤモンドの研磨
 5.5 ブリリアント・カットのプロポーション
 5.6 ブリリアント・カットとファイヤー
 5.7 ダイヤモンドの品質

6. ガラスの生い立ち
 6.1 石器時代のファッション
 6.2 ヴェネチアからガラスの波
 6.3 北欧のデザインの温かさ
 6.4 ヨーロッパ大陸のガラス

7. ダイヤモンドとガラスを比べてみれば
 7.1 なにが違うのか

8. ダイヤモンドの造り方
 8.1 初めて見た人工ダイヤモンドは薄茶色
 8.2 ダイヤモンドの造り方教えます
 8.3 炭素サッカーボール
 8.4 スーパーダイヤモンド

9. 猫の目,豹の眼,赤い眼
 9.1 猫の眼と豹の眼
 9.2 ダイヤモンドと光学ガラス
 9.3 無色のプリズムから生まれる七色の光
 9.4 光る交通標識は猫の眼

10. 光ファイバーで生活が変わる
 10.1 ガラスから造るガラス一気相合成
 10.2 銅線5千本分の働きをする1本のガラス・ファイバー
 10.3 光ファイバーの魔術
 10.4 衛星通信より速い光通信
 10.5 お腹を開かない手術

11. ダイヤモンドとガラスのごった煮
 11.1 磨かれないダイヤモンドはただの石ころ
 11.2 ダイヤモンドの略歴
 11.3 伝説の中のダイヤモンド
 11.4 液体から造ったガラス
 11.5 平衡平面のレンズ
 11.6 煙からダイヤモンド
 11.7 宇宙をさまよう大量のダイヤモンド
 11.8 ダイヤモンドを含んだ太いパイプ
 11.9 カーボン・ナノ・チューブ
 11.10 素晴らしく尖鋭なレンズ
 11.11 日本の「すばる」マナウケア山に登る
 11.12 ブラック.・ホールの姿を捉えたハッブル望遠鏡
 11.13 色でデザインしたダイヤモンド
 11.14 指先大のガラスに新聞40万ページ
 11.15 地球上からガラスが消える日
 11.16 生活の中のガラス
 11.17 ガラスとともに消える豊かな生活



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.