裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『やきものアラカルト(I)』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 89
やきものアラカルト(I)

元 愛知工業大学教授 工博 長坂克巳 編著
四六判/198頁/定価1404円(本体1300円+税8%)/1994年2月
ISBN978-4-7853-8589-7 (旧ISBN4-7853-8589-8)

 やきものの様々な姿に,ほんの少し化学の味付けをしたアラカルトです.続編に「やきものアラカルト(II)」があります.

【目 次】

『やきものアラカルト(I)』 カバー
1. 狂言 狛犬盗人

2. 阿形と吽形
 2.1 狛犬と仁王尊
 2.2 磁器の狛犬
 2.3 阿は大地,吽は天空

3. やきもの
 3.1 成形
 3.2 ろくろ成形
 3.3 手びねり成形
 3.4 タタラ成形
 3.5 型起こし成形
 3.6 泥漿鋳込み成形
 3.7 その他の成形

4. 粘土瓦現況
 4.1 いぶし瓦
 4.2 塩焼瓦
 4.3 釉薬瓦
 4.4 物流が市場を変える
 4.5 これからの瓦業界
 4.6 再びいぶし瓦

5. うつわの美
 5.1 はじめに
 5.2 食器の分類
 5.3 食文化の変遷
 5.4 茶碗について

6. 犬山焼きと乾山
 6.1 犬山焼
 6.2 呉須赤絵について
 6.3 雲錦手(桜楓文)
 6.4 陶画工 道平

7. 釉の発色と酸化,還元
 7.1 窯炉
 7.2 還元焼成および酸化焼成
 7.3 釉薬

8. 常滑焼
 8.1 鎌倉六古窯(常滑・瀬戸・伊賀・丹波・越前・備前)
 8.2 常滑のやきもの

9. 弄山と古萬古
 9.1 萬古焼
 9.2 萬古焼の誕生
 9.3 竹斎と射和萬古

10. 化政文化の中で花開く御庭焼と藩窯
 10.1 御庭と藩焼
 10.2 御庭焼・藩焼の創設時期と器形
 10.3 文化・文政時代

11. 染付(青花)
 11.1 蒼い狼の末裔たちの国
 11.2 青花というやきもの
 11.3 染付(青花)の青い花
 11.4 染付の発祥
 11.5 瀬戸の染付

12. マイセン
 12.1 王が熱望した白色磁器
 12.2 マイセン磁器を仕上げた画家と彫刻家



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.