裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『ミステリーの中の化学物質』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 103
ミステリーの中の化学物質

元日本赤十字看護大学教授 理博 山崎 昶 著
四六判/148頁/定価1404円(本体1300円+税8%)/1994年9月
ISBN978-4-7853-8603-0 (旧ISBN4-7853-8603-7)

 ミステリー作品に登場する化学物質は,毒物として使用されるだけではありません.いろいろなミスリーディングの種や仕掛けとなっていたり,重大な謎を解くための手掛りがそっと隠されていたり・・・.ミステリーの新たな魅力を伝える一冊.

【目 次】

『ミステリーの中の化学物質』 カバー
1 「黄金の卵を生む鵞鳥」
2 「サルドニクス」
3 「失われた黄金都市」
4 「検屍官」
5 「金字塔四角に飛ぶ」
6 「探偵を探せ」
7 「星屑のかなたへ」
8 「銅の指をした男の悲惨な話」
9 「左利きの名画」
10 「贋作」
11 「琥珀のパイプ」
12 「棠陰比事」
13 「そして殺人の幕が上がる」
14 「聖ペテロの指の跡」
15 「名探偵ウマル・ハイヤーム」
16 「二重らせん殺人事件」
17 「フランケンシュタイン」
18 「目の付けどころ」



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.