裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『人工生命の夢と悩み』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 107
人工生命の夢と悩み
−コンピュータの中の知能と行動の進化−

筑波大学名誉教授 工博 星野 力 編著
四六判/138頁/定価1296円(本体1200円+税8%)/1994年8月
ISBN978-4-7853-8607-8 (旧ISBN4-7853-8607-X)

 人工生命(A-Life)研究の第一線に立つ著者たちが,具体的な研究例の解説を通して,日常的に直面する研究上の悩みと難しさ,そして人工生命の夢と将来について語ります.

【目 次】

『人工生命の夢と悩み』 カバー
1.人工生命とは何か?
 1.1 人工生命の定義
 1.2 創発論
 1.3 非明示主義,無目的性
 1.4 強人工生命
 1.5 人工知能との対立の歴史
 1.6 いろいろな定義
 1.7 まとめ

2.人工生命の下で働いている仕掛
 2.1 有限オートマン
 2.2 ニューラルネット
 2.3 遺伝的アルゴリズム
 2.4 クラシファイア・システム

3.白鷺は群れるか?
 3.1 白鷺の生態
 3.2 シミュレーションモデル
 3.3 シミュレーションの結果と解析
 3.4 今後の展開

4.地図をもたないロボットは目的地へ到達できるか?
 4.1 ロボットとその巡航コース
 4.2 有限オートマンによるロボットの巡航
 4.3 ニューラルネットによるロボットの巡航
 4.4 ロボットは何を学んだのか?

5.猫はどうやってネズミを捕ることを覚えるか?
 5.1 物理法則に支配されたこの世界
 5.2 ゲームの概要
 5.3 ゴールの分解
 5.4 バケツリレー・アルゴリズム
 5.5 橋渡しクラシファイア
 5.6 CSによる猫とネズミ
 5.7 GAによるCFの淘汰と発生
 5.8 CS猫によるネズミの捕獲実験
 5.9 実験結果
 5.10 まとめ

6.食うか食われるかの世界はいつかは絶滅する?
 6.1 生物モデル
 6.2 環境モデル
 6.3 生物の行動
 6.4 エネルギの摂取
 6.5 エネルギの消費
 6.6 繁殖
 6.7 シミュレーション手順
 6.8 シミュレーション結果
 6.9 まとめ

7.人工生命の夢と現実



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.