裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『化学結合と反応のしくみ』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 121
化学結合と反応のしくみ

東京学芸大学名誉教授 理博 長谷川 正 著
四六判/148頁/定価1404円(本体1300円+税8%)/1995年4月
ISBN978-4-7853-8621-4 (旧ISBN4-7853-8621-5)

 食べ物が腐る,畳が変色する,蛍光ペンの色が消えてしまう―身のまわりで起こる,これら化学反応のしくみに迫ります.

【目 次】

『化学結合と反応のしくみ』 カバー
1. 化学反応をミクロな立場で考える
 1.1 マクロな立場とミクロな立場
 1.2 食塩と硝酸銀の反応
 1.3 中和反応
 1.4 エタノールの反応
 1.5 ミクロな立場で有機反応を考える

2. ボーアの原子モデル
 2.1 原子を構成する粒子
 2.2 原子の簡単なモデル
 2.3 ボーアモデル
 2.4 多電子原子の電子配置
 2.5 希ガスの電子配置

3. オクテット則と化学結合
 3.1 オクテット則
 3.2 食塩の結合(イオン結合)
 3.3 塩素の結合(共有結合)
 3.4 原子価
 3.5 分子の形とボーアモデルの限界

4. 電子雲モデル
 4.1 電子の位置の不確定性
 4.2 電子雲の形
 4.3 p軌道の形と電子の波動性
 4.4 ボーアモデルと電子雲モデルの関係
 4.5 電子雲の重なり
 4.6 水分子の形
 4.7 カルベン

5. 炭素の結合
 5.1 飽和炭素原子
 5.2 二重結合炭素
 5.3 三重結合炭素

6. 電子雲の偏り
 6.1 分極
 6.2 電気陰性度
 6.3 電荷制御反応

7. C-H結合の反応
 7.1 C-H結合の分極
 7.2 炭化水素の酸としての反応

8. ハロゲン化アルキルのSN反応
 8.1 C-ハロゲン結合の分極
 8.2 SN1反応
 8.3 炭素陽イオンの安定性
 8.4 SN2反応
 8.5 求核試薬
 8.6 いろいろな求核置換反応

9. アルコールの反応
 9.1 アルコールにおける分極
 9.2 酸としてのアルコールの反応
 9.3 塩基性条件下でのアルコールの反応性
 9.4 酸性条件下でのアルコールの反応性
 9.5 アルコールからハロゲン化アルキル合成する一般的方法

10. C=C二重結合の反応
 10.1 π電子雲の求核性
 10.2 エチレンと硫酸の反応
 10.3 アルケンへの求電子付加反応
 10.4 非対称アルケンへの求電子付加
 10.5 1,2-付加と,1,4-付加
 10.6 共鳴

11. C-O二重結合の反応
 11.1 カルボニル基の分極
 11.2 エステル化反応
 11.3 エステルの加水分解
 11.4 カルボニル化合物の反応

12. ベンゼンの反応
 12.1 ベンゼンの構造
 12.2 ベンゼンの反応
 12.3 置換ベンゼンの反応
 12.4 オルト・パラ配向基を持つベンゼン環のπ電子雲の分布
 12.5 メタ配向気を持つベンゼン環のπ電子雲の分布

13. 光化学反応
 13.1 光
 13.2 反結合性軌道
 13.3 光の吸収
 13.4 塩素の光化学反応



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.