裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『魚の世界』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 125
魚の世界
―ミクロからマクロへ―

関西学院大学名誉教授 理博 小嶋吉雄・
大阪信愛女学院短期大学教授 理博 高井明徳 共著
四六判/174頁/定価1512円(本体1400円+税8%)/1995年7月
ISBN978-4-7853-8625-2 (旧ISBN4-7853-8625-8)

 魚の魅力ある世界を知ってもらうために,生命科学の発展によって得られた生き物としての姿や,進化や環境にまつわる話,金魚の起源や品種の話などを紹介します.

【目 次】

『魚の世界』 カバー
1. 魚の世界探訪
 1.1 水圏に広がる魚の世界
 1.2 魚を分類する
 1.3 魚の分類体系

2. 細胞と遺伝の世界
 2.1 細胞を基本とした生命理解
 2.2 遺伝子とDNA
 2.3 染色体と遺伝
 2.4 細胞の培養
 2.5 細胞工学

3. 性と発生の世界
 3.1 多様な魚の性
 3.2 性決定のしくみ
 3.3 魚の発生 ―基礎からバイテクへ―
 3.4 卵から個体へ
 3.5 卵を操作して人工魚を作る ―染色体工学―
 3.6 タナゴの産卵実験

4. 進化の世界
 4.1 魚は進化の成功者
 4.2 進化と種分化
 4.3 魚の進化の歴史
 4.4 魚類から両生類へ
 4.5 DNA量と進化
 4.6 染色体から見た魚類の進化

5. 魚と環境の世界
 5.1 右往左往の人間社会
 5.2 環境元年
 5.3 水の汚れと魚の関係から
 5.4 都市河川の汚染進行を知る ―カワムツとオイカワの住み分け―
 5.5 河川の水質と底質と魚の関係
 5.6 タップミノー物語
 5.7 地球を覆う酸性雨
 5.8 「人間を守ろうから魚も守ろう」へ ―水質基準見直し始まる―

6. 金魚の世界
 6.1 金魚のエンサイになるために
 6.2 金魚の起源
 6.3 金魚の品種はどうしてできたか
 6.4 金魚の系統図と松井博士
 6.5 金魚とふつうの魚とのちがい
 6.6 金魚の飼い方必修事項
 6.7 金魚養魚の見分け方
 6.8 金魚の祖先はどのフナか?
 6.9 金魚を飼うとき思うこと

あとがき
索引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.