裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『犯罪鑑識の科学』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 128
犯罪鑑識の科学
―計測と情報―

科学警察研究所主任研究官 工博 小沼弘義 著
四六判/120頁/定価1296円(本体1200円+税8%)/1995年7月
ISBN978-4-7853-8628-3 (旧ISBN4-7853-8628-2)

 犯罪や事故が発生すると,その捜査の過程で,物的証拠を求めての試料の科学的な分析や,事故原因の科学的な解明が必要になります.本書は,犯罪鑑識の内容や問題点,可能性などを,主に物理工学・電気・情報に関わる分野を中心に興味深く紹介します.

【目 次】

『犯罪鑑識の科学』 カバー
1. ビームを応用した分析法
 1.1 ビーム応用の背景
 1.2 実用例
 1.3 分析のねらい
 1.4 X線回析
 1.5 X線マイクロアナリシス
 1.6 蛍光X線分析
 1.7 赤外線吸収分光
 1.8 レーザーラマン分光
 1.9 分析精度の評価と標準試料
 1.10 物理分析の今後

2. 情報の視覚化
 2.1 情報の視覚化
 2.2 指紋-微粉末や発色剤をふりかける
 2.3 型をとる
 2.4 紫外線を当てる
 2.5 赤外線をキャッチする
 2.6 残留歪を検出する
 2.7 周波数の時間分布をとる
 2.8 特定スペクトルによるマッピング
 2.9 X線による透視
 2.10 電波の反射波を解析する
 2.11 画像の復元を図る
 2.12 においの表現
 2.13 シミュレーション表示

3. 画像情報の利用
 3.1 画像情報とは
 3.2 画像計測の考え方
 3.3 空中からの鉛直写真
 3.4 地上における斜写真
 3.5 カメラ画像の幾何学的性質
 3.6 消失点と消失線
 3.7 複比
 3.8 実際の計測
 3.9 物理量としての画像-画像処理
 3.10 画像の重ね合せ
 3.11 距離画像の取り込み
 3.12 画像の認識

4. コンピュータシミュレーション
 4.1 コンピュータ環境とシミュレーション
 4.2 シミュレーションの手順
 4.3 測定困難なデータの推定
 4.4 自動車の交通事故解析
 4.5 火災現象の解析
 4.6 構造物破壊・崖崩れ
 4.7 音声推定

5. 予防と安全
 5.1 コンピュータ犯罪
 5.2 シーケンサーと安全

参考書
索引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.