裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『時間を知る生物』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 134
時間を知る生物

岡山大学教授 理博 富岡憲治 著
四六判/172頁/定価1512円(本体1400円+税8%)/1996年3月
ISBN978-4-7853-8634-4 (旧ISBN4-7853-8634-7)

 多くの生物は,昼夜,潮の満ち引き,四季等,自然環境のリズムに調和して暮らすための「体内時計」をもっています.その時計の性質は?どのように使っているのか?どこにあるのか?など,生物が時間を知るしくみについて,実例豊富に解説します.

【目 次】

『時間を知る生物』 カバー
1. 一日の時間を知る
 1.1 時間を知る手掛かり
 1.2 生物も時計をもっている
 1.3 時計の動きを見る方法
 1.4 時差ぼけ

2. 体内時計の性質
 2.1 周期は約二四時間
 2.2 環境サイクルへの同調
 2.3 時計は止められるか

3. 時刻合わせのための光受容器
 3.1 昆虫の光受容器
 3.2 脊椎動物の光受容器
 3.3 体内時計は光受容器を調節している

4. 時計はいつ動き始める
 4.1 リズムは学習か
 4.2 時計はいつ動きはじめるのか
 4.3 赤ちゃんのリズム
 4.4 時計の性質は環境によって変わる

5. 時計の利用
 5.1 生物が時計をもっているわけ
 5.2 鳥の太陽コンパス
 5.3 ミツバチの偏光を利用した定位
 5.4 ミツバチの時刻記憶

6. もっと長い時間を知る
 6.1 潮の満ち干きを知る
 6.2 大潮を知る
 6.3 季節を知る
 6.4 一年の長さを知る
 6.5 十数年の長さを知る ―周期ゼミ―

7. 体内時計はどこにある
 7.1 昆虫の体内時計
 7.2 軟体動物の時計
 7.3 脊椎動物の時計
 7.4 複数の時計をもつ生物

8. 時計の動きは遺伝子できまる
 8.1 周期を決める遺伝子period
 8.2 哺乳類の時計遺伝子

おわりに
生物名索引
事項索引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.