裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『マルチメディアで夢を送る 光ファイバの話』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 135
マルチメディアで夢を送る 光ファイバの話

元(株)フジクラ顧問 工博 稲田浩一 著
四六判/216頁/定価1512円(本体1400円+税8%)/1995年11月
ISBN978-4-7853-8635-1 (旧ISBN4-7853-8635-5)

 ネットワーク社会の重要インフラのひとつである「光ファイバ」の本質をやさしく解説,その面白さを伝えます.光の伝播に始まるファイバ技術の基礎から損失・製法,さらには光ファイバ増幅器など最先端の話題も収録し,夢多い未来を描き出します.


【目 次】

『マルチメディアで夢を送る 光ファイバの話』 カバー
1. 光通信の夜明け
 1.1 透明な物体
 1.2 電磁波としての光
 1.3 中空パイプを使用した初期の頃の光の伝送研究
 1.4 ミリ波導波管の研究開発
 1.5 同軸ケーブルを使った長距離通信
 1.6 光ファイバの出現
 1.7 半導体レーザーの実用化
 1.8 MCVD法の発明
 1.9 VAD法の発明
 1.10 光ファイバの窓の発見
 1.11 光ケーブルの実用化

2. 光の伝搬
 2.1 光の全反射と臨界角
 2.2 光ファイバの開口数
 2.3 光ファイバのモード

3. 光ファイバの種類
 3.1 光ファイバの種類
 3.2 ステップインデックス多モードファイバ
 3.3 グレーデッドインデックス多モードファイバ
 3.4 シングルモードファイバ
 3.5 分散シフトファイバ

4. 光ファイバの損失と帯域
 4.1 光ファイバの損失
 4.2 構造不完全による損失
 4.3 光の伝送損失の測定
 4.4 水素による損失の増加
 4.5 多モードファイバの伝送帯域
 4.6 シングルモードファイバの伝送帯域
 4.7 シングルモードファイバの波長分散
 4.8 分散シフトファイバ

5. 石英ガラスファイバの製法
 5.1 石英ガラス
 5.2 天然石英ガラスと合成石英ガラス
 5.3 屈折率を変える添加剤
 5.4 コーニング社の基本特許
 5.5 石英ガラスファイバの製法
 5.6 MCVD法
 5.7 OVD法
 5.8 VAD法
 5.9 線引き法(紡糸法)

6. いろいろな光ファイバ
 6.1 多成分ガラスファイバ
 6.2 プラスチッククラッドシリカコアファイバ
 6.3 プラスチックファイバ
 6.4 赤外ファイバ

7. 光ファイバのケーブル化
 7.1 光ケーブル
 7.2 光ファイバの強度
 7.3 ワイブル分布とm値,n値
 7.4 動的疲労特性
 7.5 ファイバ強度のスクリーニング装置
 7.6 光ファイバの被覆構造
 7.7 光ファイバの温度特性
 7.8 光ケーブルの構造
 7.9 高密度光ケーブル
 7.10 高密度光ケーブルの防水構造
 7.11 光海底ケーブル
 7.12 最適な光ケーブル構造

8. 光ファイバの接続
 8.1 接続損失の原因
 8.2 光ファイバの切断法
 8.3 いろいろな光コネクタ
 8.4 融着接続法
 8.5 コネクタ接続と融着接続

9. 光ファイバ増幅器

10. 光ファイバ通信網



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.