裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『着ごこちと科学』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 140
着ごこちと科学

東洋紡績(株)総合研究所技監 学博 原田隆司 著
四六判/172頁/定価1512円(本体1400円+税8%)/1996年5月
ISBN978-4-7853-8640-5 (旧ISBN4-7853-8640-1)

 衣服には,体を保護する「被う」と自分を表現する「装う」の二つの機能があり,また直接身につけるものなので,肌触り,着やすさ,動きやすさ,耐久性,取り扱いやすさ等が求められます.本書は,そんな衣服の秘密を解き明かします.

【目 次】

『着ごこちと科学』 カバー
1. 衣服に求められるもの
 1.1 衣服をなぜ着るのか−「被う」と「装う」−
 1.2 移動可能な快適空間としての衣服
 1.3 自己表現としての衣服
 1.4 肌触り,動きやすさ,着やすさ
 1.5 長持ちし,取り扱いやすいこと
 1.6 衣服の購入から着用・保管までで求められるもの

2. 着心地とは
 2.1 着心地を表現する言葉
 2.2 着心地の内容
 2.3 着心地の研究
 2.4 着心地と健康

3. 快適な衣服内気候
 3.1 快適な衣服内気候
 3.2 環境と衣服と人体のシステム
 3.3 衣服内気候に影響する自然環境条件
 3.4 人の温熱生理
 3.5 快適な衣服内気候の評価方法
 3.6 「衣服内気候」を再現

4. 寒さと衣服
 4.1 寒い国 日本
 4.2 寒さの感覚と衣服内気候
 4.3 寒冷時の生理反応と衣服の役割
 4.4 衣服を通しての熱移動とクロー値
 4.5 寒冷時に着る衣服
 4.6 冬でも汗をかくときの衣服
 4.7 保温性に富む衣服材料
 4.8 水蒸気は通し雨は通さない「透湿防水」素材

5. 暑さをしのぐ衣服
 5.1 蒸し暑い日本の夏
 5.2 蒸し暑さの感覚と外界の温・湿度
 5.3 暑熱時の生理反応と衣服の役割
 5.4 伝統服にみる暑さのしのぎ方
 5.5 外気からの太陽熱や高熱を遮断する衣服
 5.6 身体の熱や水分を外気へ発散しやすい衣服
 5.7 「汗をよく吸い外気へ吐き出す」素材
 5.8 「太陽光遮蔽」素材

6. 動作に追従する衣服
 6.1 衣服のゆとりとずれ,衣服材料の伸び
 6.2 身体計測
 6.3 動作による皮膚伸び,体型変化
 6.4 ゆとり必要量
 6.5 サイズ表示
 6.6 衣服圧
 6.7 ストレッチファブリック

7. 肌触りのよい衣服
 7.1 肌触り−接触感と接触温冷感−
 7.2 風合い(接触感)
 7.3 接触温冷感
 7.4 天延繊維の風合い
 7.5 再生繊維,半合成繊維の風合い
 7.6 主な合成繊維の風合い
 7.7 複合繊維素材
 7.8 シルクライク合繊から「新合繊」へ

8. 清潔,安心・安全な衣生活と衣服
 8.1 不快感を与える要因を防止する素材
 8.2 安全な繊維製品

9. さまざまな衣服と着心地
 9.1 普段に着る衣服
 9.2 スポーツウェア
 9.3 特殊機能衣服
 9.4 寝装品



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.