裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『背に腹はかえられるか』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 158
背に腹はかえられるか
―生物の極性とからだつくり―

埼玉大学名誉教授 理博 石原勝敏 著
四六判/164頁/定価1512円(本体1400円+税8%)/1996年12月
ISBN978-4-7853-8658-0 (旧ISBN4-7853-8658-4)

 生物の卵はみごとに丸い玉です.それが受精すると,卵は巧妙に仕組まれた罠にかかったように,形を変えていきます.  丸い球から,上下の区別ができ,左右相称になり,立体的な均整の取れた形ができる仕組みをやさしく解説します.

【目 次】

『背に腹はかえられるか』 カバー
1. からだの形と生命
 1.1 形の中に生命は宿る
 1.2 生物の非相称性

2. からだづくりのルール
 2.1 卵の特性
 2.2 からだの特性
 2.3 からだの中のレール

3. 双頭・双尾の生物
 3.1 生きるための規則性
 3.2 動物の頭尾極性

4. 背に腹はかえられるか
 4.1 生物の前と後ろ
 4.2 背腹の逆転

5. 植物の極性

6. 遺伝子−その不思議な作用
 6.1 カエル
 6.2 ショウジョウバエ

7. からだづくりの要因
 7.1 細胞の自己制御
 7.2 形づくりの仕上げ

8. 無重力下(宇宙)での発生実験
 8.1 カエルの宇宙旅行
 8.2 メダカの宇宙旅行

おわりに
索 引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.