裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『「男らしさ」の心理学』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 194
「男らしさ」の心理学
―熟年離婚と少年犯罪の背景―

元国立小児病院小児医療研究センター  関 智子 著
四六判/164頁/定価1512円(本体1400円+税8%)/1998年11月
ISBN978-4-7853-8694-8 (旧ISBN4-7853-8694-0)

 日本経済に陰りが見え始めた今,男性の権威の基盤そのものが危うくなってきました.本書では男性に期待されている生き方と,男性自身の男らしさへのこだわり,そのこだわりが男性自身や周囲の人々にもたらす弊害,また,そもそもなぜ,男性は男らしさにこだわるのか,といった事柄を心理学的に検討します.

【目 次】

『「男らしさ」の心理学』 カバー
1. 妻がいないと男は長生きできない?
 1.1 妻の有無で左右される男性の寿命
 1.2 離婚した男性に多い死因
 1.3 結婚生活で守られている男たち

2. 「男らしさ」とはなにか?
 2.1 ことわざに表現された「男らしさ」
 2.2 「男らしさ」の科学的な分析
 2.3 「女らしさ」は「男らしさ」より複雑
 2.4 男を追い詰め,女を引き裂く性役割期待

3. 追い詰められた男たち
 3.1 「〜らしさ」の意義と問題点
 3.2 「男らしい」生き方にともなう辛さ
 3.3 「男らしさ」へのこだわり
 3.4 仕事人間たちのこだわり
 3.5 「男らしい」生き方と家庭崩壊の危機

4. 男はなぜ自分のことを話さないのか
 4.1 感情表現を抑えがちな男性
 4.2 「男は理性,女は感情」は本当か?
 4.3 悲しさやおそれの気持ちを訴えられない男たち
 4.4 感情を抑え込まないほうがいい理由
 4.5 自己開示の男女差
 4.6 男は一人で問題を解決できないと落ち込みやすい
 4.7 さり気ない思いやりを軽視する男たち
 4.8 少年非行と性犯罪
 4.9 男性優位へのプレッシャー
 4.10 妻のいない男性の寿命が短い理由
 4.11 なぜ「男らしさ」にこだわるのか

5. 男の子と女の子が育つ世界の違い
 5.1 男女の役割の違いは生物学的に決まっているのか
 5.2 生まれてくる子どもに両親が寄せる期待
 5.3 幼い息子の悲しみを親は話題にしない
 5.4 男女の遊び方の違い
 5.5 男の子グループ,女の子グループ
 5.6 メディアの中に描かれた男女
 5.7 男の子が女っぽさを嫌悪する理由
 5.8 男の生き方の幅は狭い

6. まとめにかえて
 6.1 男性モデルの不在と「男らしさ」へのこだわり
 6.2 父親の役割の重要性
 6.3 権威ある父性はいかにすれば復活できるか
 6.4 息子を育てる上での父母の連携の重要性

参考文献
索 引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.