裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『聖書の中の科学』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス202
聖書の中の科学

鳥取大学名誉教授 理博 中島路可 著
四六判/218頁/定価1728円(本体1600円+税8%)/1999年4月
ISBN978-4-7853-8702-0 (旧ISBN4-7853-8702-5)

 人びとの歴史と生活の記録でもある聖書を,科学の目で新たに見つめなおした40編のオムニバス.

【目 次】

『聖書の中の科学』 カバー
自然・地理・鉱物
 死海−ヨルダン川の水がここで濃縮 濃い塩分にも生物が……
 風−神の息,自然の恵み 聖書に85回以上の引用が
 火−神のやさしさと怒りを示す重要な概念 聖書に400回も
 水−生命の存在,維持への神の摂理 聖書には400件以上の引用
 土−土は生命の源 「アダム(人)」の語源も
 地震−死海地溝帯は地震の巣 聖書には17個所で登場
 金−富と永遠の象徴 聖書に引用390回も
 石油−ノアの箱舟にアスファルト ナフサの語源も旧約外典に
 鉄−ペリシテ人の製鉄独占をダビデが崩し優位奪う
 ガラス−金にも匹敵の高価なもの 起源はカルメル山のふもと
 琥珀−化石化した樹脂 聖書では「琥珀色の金属」のこと

食べ物
 パン−イエスはパンに特別の意味与える 聖書中に280回も引用
 魚−よく食べていたイスラエル人 キリスト教のシンボルにも
 ビール−使徒行伝の「新しい酒」はビール? 起源はメソポタミアなど5千年前
 卵−復活,再生のシンボル イスラエルで多食
 乳−神の約束「乳・蜜の流れる地」豊穣の牧畜のシンボル
 あぶら−灯火・調味・王の聖別に 善きサマリア人も癒しに使う
 酢−「酸いブドウ酒」は人類最古の調味料 強い殺菌力,真珠や岩をも溶かす
 マナ−カイガラムシが出す糖分か 「これは何?」が名前の由来
 塩−不可欠で善いものの象徴 だが怒り,呪いのしるしも

動物
 へび−聖書での扱いは「悪魔」の象徴 「マムシ」は誤った訳し方
 モーセのウシノシタ−牛の舌に似たカレイの仲間 モーセが利用して紅海を渡った?
 イナゴ−中東の生活に深いかかわり 聖書は「バッタ」を誤訳
 羊−神と人との関係示す 聖書に256回も引用
 蜜蜂−旧約時代から価値知られる女士師デボラは「蜜蜂」の意
 鳩−平和と美のシンボル 「ノアの箱舟」に初の記述
 むらさき−権力と尊厳の象徴 貝紫のパープル腺から抽出
 真珠−聖書に引用少ないが高価なものとして示される
 赤潮−モーセの杖で赤くなったナイル 不明の部分多い原因
 豚−砂漠の放浪では飼育が困難 「汚れた動物」と旧約は規定
 らくだ−大きさ,財産,頑固の象徴 背中のコブは脂肪の塊
 牛−犠牲と力のシンボル 聖書ではなじみ深い動物

生活・医療・その他
 黄金・乳香・没薬−この世の富,権力を象徴
 血−血は生命,神との約束結ぶもの 「血を食べるな」は大事な生活規範
 遺伝−メンデルの遺伝の法則の原点は旧約に
 灰−嘆き,悲しみの表現 役目終えても,さらに新しい役目が
 つば−イエスが癒しに用いられる 抗菌性のほか消化,酒づくりにも
 イスラエルの紙漉き探訪記
 デボラ数−流体の特性示す単位に女預言者デボラの名が
 聖骸布−イエスを包んだ亜麻布? 放射性炭素で真偽測定



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.