裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『したたかなウイルスたち』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 224
したたかな ウイルスたち

大阪大学微生物病研究所教授 医博 生田和良 著
四六判/184頁/定価1620円(本体1500円+税8%)/2000年8月
ISBN978-4-7853-8724-2 (旧ISBN4-7853-8724-6) (オンデマンド方式による印刷・製本)

 エマージングウイルスと人類との戦いはいつまで続くのか.エイズや肝炎,がん,エボラ出血熱などを引き起こすウイルスの素顔に迫る.

【目 次】

『したたかなウイルスたち』 カバー
1. ウイルスの出現
 1.1 ウイルスとは
 1.2 ウイルスはどこから来たのか?
 1.3 ウイルスは細菌や細胞と異なる
 1.4 ウイルス産生

2. ウイルスと細胞のコミュニケーション
 2.1 ウイルスを増やす
 2.2 細胞を増やす
 2.3 細胞へのウイルスの取りつき
 2.4 ウイルスの取りつきから子孫ウイルス産生へ
 2.5 ウイルス感染を受けた細胞のあがき
 2.6 ウイルスのもつアポトーシスと抗アポトーシス遺伝子
 2.7 急性感染と持続感染
 2.8 いろいろなウイルス
 2.9 バイオハザード対策

3. ウイルスと病気
 3.1 急激に症状が現れる
 3.2 なかなか症状が回復しない

4. ウイルス感染症から身を守る
 4.1 ウイルス感染を防ぐ
 4.2 免疫のしくみ
 4.3 ジェンナー、パスツール物語からワクチン開発
 4.4 DNAワクチンは第二の救世主となるか

5. ウイルスの行動半径
 5.1 水平感染と垂直感染
 5.2 輸血・献血を安全に

6. エイズウイルス
 6.1 エイズの原因はウイルスの感染
 6.2 HIV検査
 6.3 HIVの種類
 6.4 エイズを発症する
 6.5 感染ルート
 6.6 母子感染
 6.7 ワクチン
 6.8 HIVも降参するカクテル療法
 6.9 エイズのまだまだ残る課題

7. 肝炎ウイルス
 7.1 肝炎に関わるウイルス
 7.2 肝炎ウイルスの伝播ルート
 7.3 肝炎から肝がんへ
 7.4 肝炎ウイルスに対するワクチンと治療薬

8. ヘルペスウイルス
 8.1 いろいろなヘルペスウイルス
 8.2 ヘルペスウイルスと病気
 8.3 ヘルペスウイルスと化学療法

9. インフルエンザウイルス
 9.1 インフルエンザの症状
 9.2 インフルエンザウイルスの遺伝子
 9.3 ウイルスの抗原変異
 9.4 インフルエンザの予防
 9.5 インフルエンザ治療薬

10. がんウイルス
 10.1 HTLV−1と白血病
 10.2 パピローマウイルスと子宮頚がん

11. スローウイルス感染症
 11.1 スローウイルス感染と脳の病気
 11.2 狂牛病とプリオン
 11.3 薬害「ヤコブ病」
 11.4 プリオンの問題点
 11.5 その他のスローウイルス感染と脳の病気

12. エマージングウイルス感染症
 12.1 次々と出現するウイルス
 12.2 新たなウイルス出現の原因
 12.3 エボラ出血性ウイルスとマールブルグ病ウイルス
 12.4 突如出現したウマ、ブタからのエマージングウイルス感染症
 12.5 野生げっ歯類から感染するエマージングウイルス
 12.6 ニューヨークで突如発生したエマージング感染症
 12.7 りんごのほっぺた≠フ原因ウイルス
 12.8 人畜共通感染症
 12.9 薬剤耐性株
 12.10 院内感染
 12.11 バイオテロリズム

13. 原因不明の難病とウイルス感染
 13.1 難病とは
 13.2 神経系に異常が見られる難病
 13.3 その他の難病とウイルス感染
 13.4 スモン(SMON)の原因をめぐって

14. 期待される遺伝子治療
 14.1 遺伝子治療とは
 14.2 ベクター開発
 14.3 夢の遺伝子治療が現実化
 14.4 遺伝子治療の展望と限界

参考書
索引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.