裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『高分子とそのリサイクル』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 263
高分子とそのリサイクル
−分ければ原料、混ぜれば焼却−

大阪市立大学教授 工博 圓藤紀代司 著
四六判/136頁/定価1620円(本体1500円+税8%)/2004年8月
ISBN978-4-7853-8763-1 (旧ISBN4-7853-8763-7)

 リサイクル社会を構築するためには,物質がどのように合成され,使用され,廃棄されているかを一連の流れとしてとらえることが不可欠です.
 本書ではこのような立場から,プラスチックを中心とした高分子の合成と廃棄,リサイクル技術の現状を平易に解説し,高分子リサイクルを確立するための技術的・社会的条件を考察します.

(竹内茂彌・ 北野博巳 共著 『ひろがる 高分子の世界』 もご参照ください)

【目 次】

『高分子とそのリサイクル』 カバー
1 なぜ高分子のリサイクル
 1.1 資源循環型社会の構築
 1.2 資源循環型社会と高分子のリサイクル

2 高分子のリサイクル概要
 2.1 処理の歴史
 2.2 リサイクルの意味

3 各高分子のリサイクル
 3.1 ポリエチレンテレフタレート
 3.2 ポリオレフィン
 3.3 ポリスチレン
 3.4 ポリ塩化ビニル
 3.5 アクリル樹脂
 3.6 ポリウレタン
 3.7 ナイロン
 3.8 ポリカーボネート
 3.9 複合高分子材料

4 各種のリサイクル法
 4.1 マテリアルリサイクル
 4.2 ケミカルリサイクル
 4.3 サーマルリサイクル

5 リサイクル処理技術
 5.1 高分子の分別・分離技術
 5.2 一般廃棄物における分別
 5.3 減量化技術
 5.4 夾雑物の除去

6 高分子の原料化
 6.1 油化による原料化
 6.2 高炉原料化
 6.3 コークス炉による化学原料化
 6.4 ガス化溶融炉による化学原料化

7 各種のサーマルリサイクル
 7.1 セメントキルンにおける燃料化
 7.2 RDF化技術
 7.3 廃棄物発電
 7.4 シュレッダーダストからのエネルギー回収

8 高分子リサイクルの今後は

高分子の基礎的な知識
 1 高分子はいかにして作られるか
 2 高分子はいかに加工され製品となるか
 3 高分子はどのようにして劣化するか

参考文献



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.