裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『生命科学者、現代を語る』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
Jbook丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 268
生命科学者、現代を語る
−時を越えて万里同符−

東京大学教授 理博 佐倉 統・
元北海道大学教授 理博 澤口俊之・
東京理科大学教授 薬博 田沼靖一 共著
四六判/176頁/定価1620円(本体1500円+税8%)/2005年5月
ISBN978-4-7853-8768-6 (旧ISBN4-7853-8768-8)

 さまざまな価値観が入り乱れ,複雑をきわめる現代社会において,科学の果たしうる役割とはなんなのか.時代をリードする生命科学者三名が,進化生物学,脳科学,細胞生物学などそれぞれの専門の立場から,生命と死,脳と心,理科教育などなど,現代社会が抱える諸問題を縦横に論じ,語り合います.

『生命科学者、現代を語る』 内容見本

【目 次】

『生命科学者、現代を語る』 カバー
 二四〇年後の万里同符(佐倉)
 心は脳の活動:自由意思は脳活動を後追いする(澤口)
 死による無限と夢幻(田沼)

 ◆鼎談1 現代における万里同符の意義◆
 暁の死(田沼)
 日本人の特殊性:微分的ネオテニー説(澤口)
 マンボウの卵、または利己的なミーム?(佐倉)
 蝸牛の殻(佐倉)

 ◆鼎談2 死・老化・寿命のサイエンス◆
 往還としての死(田沼)
 結晶性知能と「生きる目的」(澤口)
 漱石、メキシコ、ふたつの自分(佐倉)
 脳からみた「人間性」(澤口)
 死の存在の認識(田沼)

 ◆鼎談3 前頭連合野のはたらきは未熟になっているのか?◆
 凶悪犯罪は脳内ダメージによる?(澤口)
 教育と脳科学(澤口)
 死の進化(田沼)

 ◆鼎談4 科学リテラシーと理科教育◆
 人と時代の好運な出会い(佐倉)
 分かりやすく伝えること(佐倉)
 逍遙遊(田沼)

 万里同符と万事同符(佐倉)

 初出一覧



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.