裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『バイオ研究の舞台裏』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善&ジュンク堂書店丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYAブックサービス


ポピュラー・サイエンス 283
人と犬のきずな
−遺伝子からそのルーツを探る−

岐阜大学名誉教授 農博 田名部雄一 著 
四六判/142頁/定価1620円(本体1500円+税8%)/2007年11月
ISBN978-4-7853-8783-9

 人間と共に生活している犬たちは,番犬や盲導犬から最近はコンパニオン・アニマルとしても活躍している.本書では犬の成立(家畜化)の起源や人間とのかかわり合いを紹介しながら,日本犬や洋犬の特性を外見と遺伝子構成の両面から解説し,さらに犬種の特徴を生かした飼育の仕方にまで触れる.また,忠犬ハチ公や南極探検隊のタロとジロの話も掲載している.
人と犬のきずな 内容見本


【目 次】
『人と犬のきずな』 カバー

はじめに

1章 犬の祖先と人
 1.人の進化
 2.人とオオカミの特徴とその共生の成立
 3.犬の成立と世界における拡散
 4.人の文化史における犬の役割

2章 犬の品種
 1.犬品種の成立史
 2.犬品種の特徴と用途の比較
 3.日本犬の成立と特性
 4.日本犬の遺伝子構成

3章 犬の外部形態
 1.哺乳類の毛色の特徴と遺伝
 2.犬の毛色とその遺伝
 3.犬の毛の性質とその遺伝
 4.犬の体の大きさの遺伝
 5.犬のその他の形態の遺伝
 6.日本犬を含む東アジア犬の形態の比較

4章 犬の性格
 1.犬の祖先オオカミの性格と人との共生の適性
 2.犬品種の行動性
 3.犬の性格的特徴を生かした飼育の仕方

5章 犬にまつわるいろいろな話題
 1.忠犬ハチ公の話
 2.タロとジロの話
 3.犬の意思表示の理解
 4.犬好きと猫好き
 5.人と犬の共通感染症

おわりに
引用文献および参考書
索引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.