裳華房のtwitterをフォローする


【裳華房】 メールマガジン「Shokabo-News」連載コラム 
裳華房の“古書”探訪(5)

禁無断転載  → 裳華房メールマガジン「Shokabo-News」   → 「“古書”探訪」一覧

渡邊孫一郎 著『數學諸論大要』(初版 大正10年)

 江戸時代に刊行された『早割日用算法記』(1805年;九九、割り算、米穀の相場割などの解説)や,明治期に刊行された『實用森林數學』(1905年;詳細不明)などの実用的なものを除き,裳華房における数学分野の“先駆け”となったのが,今回ご紹介する『數學諸論大要』です.
 旧制高等学校の高等科文科(またはそれと同程度の学校)における教科書として著されたものです.

 本書が刊行された当時は,文科系の高等教育の数学において,具体的にどういう項目内容を教授するのかはとくに決まっていなかったようで[*1][*2],本書の緒言に.

 ……此種學生ニ適スル参考書ノ一ツモ存セザル現時ノ状態ニ於テハ……
  http://www.shokabo.co.jp/oldbooks/1921watanabe-suugaku/intro.pdf
   #画像は大正11年発行の訂正再版より(以下同様).

とあるように,文科の学生に対する教科書・参考書はまだなかったようです.

 本書の特徴として,同じく緒言に

  高等數學ノ使命ノ一ツハ學生ヲシテ函數ノ概念ヲ明確ニ會得セシムル……

と述べているように,文科系の学生であっても関数に対するきちんとした知識の会得を望んでいたようです.
 教え方順序としては,当時一般的な,対数→三角法→解析幾何→微分積分,では無く,まず座標幾何学から入り,空間幾何学,一般の関数,特別の関数(三角関数,対数関数など),順列・確率という流れで本書を構成しています(目次参照)[*3]

 文章はきわめて簡潔・平易で,余計な記述がなく[*4],学生にわかりやすく,教える側に使いやすい教科書だったようで,渡邊が理科系学生のために執筆した『新編高等代數學』(1923年),『初等解析幾何學』(1929年),『初等微分積分學』(1930年)(以上いずれも裳華房刊)等とあわせて一世を風靡したようです.

 著者の渡邊孫一郎(まごいちろう)は,明治18年(1885年)栃木県に生まれ,東京帝国大学理科大学を卒業後,第八高等学校,第一高等学校,東京商科大学(現在の一橋大学),東京物理学校(現在の東京理科大学),東京工業大学などの教授を歴任されています.
 第一高等学校の教授時代から教員検定委員会や教科用図書調査などの嘱託や文部省視学委員等に就き,また現在の日本数学教育学会の母体となった日本中等教育数学会の設立に奔走する(後に会長)など,数学教育の発展につくされました.
 また,東京理科大学の名誉教授の称号を最初に授けられたのが渡邊先生です.
 裳華房からは,上述のほかに,『高等数学初歩』(1939年),『代数学撰要』(1948年),『數學大要』(1950年),『初等解析學』(1957年)など,数多くの書籍を出版しています.


[脚注]

 *1 大正8年の文部省令「高等学校規定」では,「数学ハ文科ニ在リテハ数学諸論ノ大要ヲ授ケ理科ニ在リテハ代数、立体幾何、三角法、初等解析幾何、初等微分積分及初等力学ヲ授クヘシ」とあります.

 *2 本書刊行の翌年,高等学校高等科文科数学担当者会議が開かれ,教授要目が決議されたようで,本書の第四版の緒言には,この要目に「準據センコトヲ努メタ」との記載があります.

 *3 ただし試行錯誤であったようで,本書の第四版では空間幾何学を冒頭に移しています.

 *4 教科書だけでなく,講義も同じような感じだったようで,東京物理学校で解析幾何を習った船山良三氏によれば「本当に無駄のない授業で,初めから終わりまで同じ調子で話されて,そしてわかりやすい講義でした.何か教科書を読んでいるのと同じような無駄のない…….」と述べています(「日本数学教育学会誌」56巻3号所載「第4代会長 渡辺孫一郎先生の思い出」より).


『數學諸論大要』    渡邊孫一郎 著/菊判/240頁/大正10年(1921年)3月発行/裳華房

【目次】
坐標幾何學/空間幾何學/凾數ト導凾數/三角凾數及ビ逆三角凾數/指數凾數及ビ對數凾數/基凾數ト定積分/順列,組合及ビ確率  附録(問題ノ答/和英獨對照述語表/索引)

  http://www.shokabo.co.jp/oldbooks/1921watanabe-suugaku/mokuji.pdf

【本文(抜粋24頁分)・対照述語表・奥付の見本】
  http://www.shokabo.co.jp/oldbooks/1921watanabe-suugaku/sample.pdf

☆記述の誤りなど,お気づきの点がありましたら m-list@shokabo.co.jp まで御連絡ください.


※「裳華房の“古書”探訪」は,裳華房のメールマガジン「Shokabo-News」にて連載しています.Webサイトにはメールマガジン配信の約1か月後に掲載します.是非メールマガジンにご登録ください.
   Shokabo-Newsの登録・停止・アドレス変更



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.