裳華房のtwitterをフォローする


図解 分子細胞生物学』 (浅島 誠・駒崎伸二 共著)
3Dモデル(立体モデル)一覧

→ 『図解 分子細胞生物学』の紹介ページ

○ 『図解 分子細胞生物学』に掲載されたいくつかの図について,『フリーソフトで作る バーチャルスライドと3Dモデルの作成法』(駒崎伸二著,裳華房)の方法に準拠して3Dモデル(立体モデル)を作成したものの一覧です(いずれもPDFファイル).

○ 図の番号は『図解 分子細胞生物学』中の番号を示しています.各図の詳しい説明は書籍を参照してください.

3Dモデル(PDFファイル)をインタラクティブに観察するには,Adobe社の“Adobe Reader”(バージョン8以降)が必要です.また,ブラウザ上で3Dモデルを表示して観察・操作するには,PDF表示プラグイン等に Adobe Reader を設定する必要があります.(プラグイン等の設定は各ブラウザのヘルプやマニュアルをご参照ください)

    Adobe Readerのダウンロード
“Adobe Reader”
の入手はこちら


・ 掲載している図版は,教育目的にのみ利用できます.また,著作権法に規定される私的使用以外の目的で複製・複写・転載することはできません.二次利用をご希望の方は,必ず小社までお問い合わせください.
・ 3DモデルのPDFファイルの変換には,Bentley社が公開しているフリーソフト“Bentley View V8i”を使用しました.


画像をクリックすると3Dモデル(PDFファイル)が表示されます.
 ブラウザのプラグインの設定等によって表示されない場合があります. 
その際はリンク先のPDFファイルをダウンロードしてご利用ください.

Adobe Readerによる3Dモデル(立体モデル)の観察法の概略

→ 1章   → 2章   → 4章   → 5章   → 6章   → 7章   → 9章   → 10章   → 11章

 第1章


図1・16 細胞膜のラフト構造
 
図1・18 細胞膜の物資透過性
 
図1・20 グルコース輸送体
 
図1・23 カリウムチャネル

 第2章


図2・13 ヌクレオソームの構造
(ヒストンの8量体とそれを取り巻くDNA)

 第4章


図4・12 アミノアシルtRNA合成酵素
(アスパラギンに対応した合成酵素)
 
図4・13a リボソーム小サブユニット
 
図4・13b リボソーム大サブユニット
 
図4・13c リボソーム(小と大サブユニットが結合したもの。内部に赤色で示されている構造はtRNA)
 

図4・39 タンパク質合成のモデル
(バクテリア)
 

 第5章


図5・5b左 光化学系複合体
(集光複合体II)
 
図5・5b右 光化学系複合体
(集光複合体I)
 
図5・12 光化学系複合体II
 
図5・13 シトクロムb 6-f複合体
 

図5・14 光化学系複合体I
 
図5・16 バクテリオロドプシン
 
図5・17 ATP合成酵素
 
図5・35 ミトコンドリアの
電子伝達系、複合体I
 

図5・36 ミトコンドリアの
電子伝達系、複合体II
 
図5・37 ミトコンドリアの
電子伝達系、複合体III
 
図5・38 ミトコンドリアの
電子伝達系、複合体IV

 第6章


図6・13 ARP2/3(赤色)と
アクチン線維の分岐
 
図6・14 α‐アクチニンによる
アクチン線維の連結

 第7章


図7・3 アクチン線維と
ミオシンの頭部

 第9章


図9・24 TBPとDNAの結合
 
図9・30 RNAポリメラーゼ
 
図9・43 DNAに結合した
転写調節因子

 第10章


図10・12a 受容体のキナーゼ
(不活性状態)
 
図10・12b 受容体のキナーゼ
(活性状態)
 
図10・237回膜貫通タンパク質と
三量体Gタンパク質
 
図10・26 三量体Gタンパク質のGαによる
アデニル酸シクラーゼの活性化
 

図10・33 標的タンパク質に
結合した活性状態のカルモジュリン
 

 第11章


図11・4 サイクリンとCDKに
結合したCKI(CDK抑制因子)
 
図11・15 DNAポリメラーゼ



→ 『図解 分子細胞生物学』の紹介ページ


         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.