裳華房のtwitterをフォローする


【裳華房】 雑誌『生物の科学 遺伝』(裳華房 発行)


発行元の変更について

 1959年より46年間にわたり出版を続けてまいりました雑誌『生物の科学 遺伝』の発行業務受託が第59巻6号(2005年11月号)をもちまして終了いたしました.長きにわたりご愛読を賜り誠にありがとうございました. 
 第60巻第1回配本(2005年12月発刊)からの発行元は(株)エヌ・ティー・エス(電話:03-3814-3511(代表))になっています.ご購入やお問合せなどは(株)エヌ・ティー・エスにお願いいたします. 
 なお,弊社発行のバックナンバー別冊についても2010年いっぱいで終了いたしました. 
 今後とも,雑誌『生物の科学 遺伝』をご愛読を賜りますよう,宜しくお願い申し上げます.


◆ 本誌ご愛読の皆様へ ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 掲載:2005年10月25日

 雑誌『遺伝』の再出発 ――――――――――――――――― (財)遺伝学普及会

 本財団は広く教員、学生、研究者および社会人を対象に遺伝学の知識の普及を図ることを目的として、前世紀半ばの1947年に雑誌『遺伝』を刊行しました。その後1959年からは(株)裳華房に発行を委託し今日に及んでいます。この間、遺伝学は著しい発展を遂げ、遺伝子が生物の重要な基盤であることが広く認められるようになりました。この流れを踏まえて、『遺伝』も生物の科学をカバーする雑誌として堅実な発展を遂げてまいりました。これも一重に読者の方々の絶えざるご支援の賜物と感謝しております。
 しかし、今回諸般の事情によって、裳華房からの発行が第59巻6号をもって終了することになりました。この件が話し合われた当初から、普及会としましては、ゲノム時代を迎えて今や遺伝および遺伝子に関する知識を普及する意義は一段と大きくなっていると考え、またこれまで長年にわたってこの雑誌を編集発行してきた先輩方の熱意を継承したい気持ちからも、この雑誌の出版の継続を図ってきましたが、東京の(株)エヌ・ティー・エスに発行を引き受けてもらうことになりました。第60巻1号(2006年1月号)よりこの出版社から『遺伝』を出版すべく、準備を進めているところでです。
 本財団と致しましては、この機会に編集委員会も強化し、これまでのこの雑誌の性格も継承しながら、新しい時代にマッチした新しい方向をも加味して雑誌『遺伝』を再出発させたいと考えております。読者の方々のご理解と一層のご支援をお願い致します。
 

 お知らせ ――――――――――――――――――――――――――― 裳華房

 弊社(裳華房)は、本誌『遺伝』の発行・発売を遺伝学普及会様より委託され、1959年(第13巻5号)より46年間にわたり続けてまいりましたが、この度、諸般の事情により、第59巻6号(2005年10月25日発行の11月号)をもちまして業務受託が終了することとなりました。今日までのご愛顧に対しまして厚く御礼申し上げます。今後、第60巻からは(株)エヌ・ティー・エス様に引き継いで刊行していただくことになっております。引き続きご愛読賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
 なお、第59巻までのバックナンバーの販売ならびに裳華房直接の前払い定期購読に付きましては、次のように取り扱わせていただきます。
  ・ 第59巻までのバックナンバーはこれまで通り裳華房が販売いたします。
  ・ 前払い定期購読の方には,すでに精算方法を含め別途文書にてお知らせいたしておりますが、本件に付いてのお問い合わせは、電話(03-3262-9166;経理部)または電子メール keiri@shokabo.co.jp で受け付けております。

※バックナンバーと別冊の販売は,2010年いっぱいで終了いたしました※

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

(2005.10.31一部修正)




         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.