裳華房-社名ロゴ 
裳華房のtwitterをフォローする



『擬微分作用素』 カバー
 


購入案内タイトル

ネット書店の購入ページへ
Amazon
楽天ブックス
オムニ7
honto
Knowledge Worker
紀伊國屋書店
ヨドバシ・ドット・コム
TSUTAYA
ローチケHMV
BOOKFAN
e-hon
Honya Club

店頭在庫を確認する
丸善&ジュンク堂書店
紀伊國屋書店
三省堂書店

取り扱い書店一覧



電子メール・アイコン

擬微分作用素−偏微分方程式解法への応用−
Pseudodifferential Operators

在庫マーク

元 大阪府立大学教授 理博 新開謙三 著

A5判/188頁/定価2916円(本体2700円+税8%)/1994年6月発行
ISBN 978-4-7853-1083-7 (旧ISBN 4-7853-1083-9)  C3041

 変数係数の偏微分方程式の解法に強い力を発揮する擬微分作用素の理論を平易に解説し,応用の一つとして放物型偏微分方程式の初期値問題の解を構成する.予備知識を仮定せず,例題と演習問題を多くして,独習者に対する配慮もしている.
 近年ますます重要になっている超関数とそのフーリエ変換についても解説している.


目次 (章タイトル)  → 詳細目次

1.擬微分作用素の定義
2.超関数上の擬微分作用素
3.放物型偏微分方程式の初期値問題

詳細目次

まえがき

1.擬微分作用素の定義
 1.1 急減少関数空間
 1.2 フーリエ変換
 1.3 擬微分作用素の定義と積公式
 1.4 漸近展開公式とパラメトリックスの構成
 1.5 シンボルの位相

2.超関数上の擬微分作用素
 2.1 超関数の定義と超関数微分
 2.2 超関数のフーリエ変換
 2.3 擬微分作用素の定義域の拡張
 2.4 基本解,初期値問題の基本解
 2.5 ソボレフ空間と擬微分作用素

3.放物型偏微分方程式の初期値問題
 3.1 偏微分方程式の分類
 3.2 熱伝導の方程式
 3.3 放物型方程式の基本解の構成
 3.4 主定理の証明と基本解の漸近展開
 3.5 放物型方程式の解の性質

問題解答
あとがき
参考文献
索引

著作者紹介

新開 謙三
しんかい けんぞう 
1960年 大阪大学大学院理学研究科修士課程修了.大阪府立大学教授などを歴任.主な著書に『はじめて学ぶ微分』『はじめて学ぶ積分』『線形代数I』『線形代数II』(以上 共著,共立出版)などがある.

(情報は初版刊行時のものから一部修正しています)



教科書をお探しの先生方へ


数学
解析学・応用解析


分野別
シリーズ一覧
書名五十音別
電子書籍
オンデマンド出版書籍


総合図書目録
メールマガジン
東京開業120周年



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.