裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『粒子性・波動性』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


基礎物理学選書6
粒子性・波動性

元山梨大学  井田幸次郎 著
A5判/146頁/定価1944円(本体1800円+税8%)/1969年7月
ISBN978-4-7853-2107-9 (旧ISBN4-7853-2107-5)

 量子論について考え始めるときは,何らかのイメージやアイデアをもたなければならない.しかもそれはきわめて単純に表現され,計算は次の歩みに過ぎない.本書では,この量子論の最も根本的な思想を定式化することを試みた.数式はほんの数えるほどしか使用しないため,文科系の学生でも“読み物”のように容易に読み進めることができるであろう.

 ※基礎物理学選書の一覧はこちら

【目 次】

1 光の粒子性
 1.1 エネルギー量子
 1.2 光電効果
 1.3 Compton効果

2 スペクトル線と原子構造
 2.1 原子の構造
 2.2 断熱原理と対応原理
 2.3 電子のスピン

3 波動としての電子
 3.1 電子波
 3.2 電子波の実在性

4 古典論と量子化
 4.1 自然の直観的な像
 4.2 波動の性質
 4.3 波動と粒子の二重性
 4.4 古典論と量子化

5 粒子の量子化
 5.1 古典的粒子
 5.2 量子化された粒子

6 波動の量子化
 6.1 電磁場 波動場の典型
 6.2 古典的波動としての電子波
 6.3 量子化された波動
 6.4 量子電気力学

7 素粒子の世界
 7.1 ベータ崩壊と中間子
 7.2 素粒子の群像
 7.3 素粒子の要素性と複合性

索引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.