裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『金属電子論』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA

★上記のリンク先で「在庫切れ」「販売中止」等の場合もございますが、このページの表示が
 「在庫あり」の際は、お近くの書店・大学生協等でお取り寄せができます★


物理学選書16
金属電子論  【復刊】
―磁性合金を中心として―
The Physics of Dilute Magnetic Alloys

東邦大学名誉教授 理博 近藤 淳 著
A5判/238頁/定価5400円(本体5000円+税8%)/1983年11月
ISBN978-4-7853-2317-2 (旧ISBN4-7853-2317-5) オンデマンド方式による印刷・製本

 本書は金属中の伝導電子の示す基礎的諸性質,特に近藤効果といわれるものについて,じっくりと初心者にもわかるように解説したものである.
 原子・分子の量子論から説き起こし,いわゆる近藤効果を,局在スピンの揺動という見地からとらえてその本質を解き明かす.さらに,近藤効果に関する厳密解について,数学的に難解にならぬようかなりのページを使って懇切に解説する.

 ※物理学選書」の一覧はこちら

【目 次】

『金属電子論』 カバー
1 原子
 1.1 平均場近似,電子配置
 1.2 多重項
 1.3 クーロン積分,交換積分
 1.4 Hartreeの方法
 文献

2 分子
 2.1 H2+分子
 2.2 H2分子
 2.3 配置間相互作用
 2.4 第二量子化法
 文献

3 金属のSommerfeld理論
 3.1 固体の分類
 3.2 Sommerfeldの理論
 文献

4 バンド理論
 4.1 結晶の周期構造
 4.2 Blochの定理
 4.3 自由電子からの近似
 4.4 原子軌道の一次結合によるBloch軌道
 4.5 金属と絶縁体
 4.6 Wigner-Seitzの理論

5 金属中の磁性不純物
 5.1 局所的中性
 5.2 球面表示
 5.3 電荷の空間分布と状態密度
 5.4 virtual bound state
 5.5 Anderson模型1
 5.6 Anderson模型2
 5.7 クーロン相互作用:UHF
 5.8 Uについての展開
 5.9 s-d 相互作用
 5.10 軌道縮退のある場合
 文献

6 金属における赤外発散
 6.1 Andersonの直交定理
 6.2 Mahanの問題
 6.3 温度グリーン関数
 6.4 局所ポテンシャルがある場合の温度グリーン関数
 6.5 s-d 問題の状態和
 6.6 Nozieres-de Dominicisの解
 6.7 状態和の計算
 6.8 スケーリングの方法
 文献

7 Wilsonの理論
 7.1 Wilsonのハミルトニアン
 7.2 摂動展開
 7.3 数値計算:スケーリング
 7.4 帯磁率および比熱
 文献

8 s-d 問題の厳密解
 8.1 一次元モデル
 8.2 三体問題
 8.3 対称群
 8.4 N電子問題
 8.5 反対称化
 8.6 固有値問題
 8.7 積分方程式
 8.8 基底状態
 8.9 帯磁率
 8.10 ユニバーサリティ
 8.11 励起状態
 8.12 自由エネルギー
 8.13 比熱
 文献

付録
索引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.