裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『生化学』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


生化学
Biochemistry

静岡大学名誉教授 理博 八木達彦・
静岡大学 博(工) 尾形真理 共著
A5判/264頁/定価2700円(本体2500円+税8%)/1996年3月
ISBN978-4-7853-3054-5 (旧ISBN4-7853-3054-6)

 生体成分はどんな化合物からなるか? どんな役割を持つか? どのように変化するか? に始まり,子は親に似る,一度ハシカに罹れば二度と罹らない,牛肉を食べても牛ではなく人の体になる,といった問題に代表される分子生物学についての記述を展開する.
 大学初年級程度の化学の知識があれば理解できるよう,巧みに構成されている.


【目 次】

『生化学』 カバー
I 生物体の構成要素

1 生物と非生物

2 生体を構成する物質:有機化合物
 2.1 生体低分子
 2.2 生体高分子

3 多糖
 3.1 単糖
 3.2 多糖

4 タンパク
 4.1 標準アミノ酸
 4.2 ペプチドとペプチド結合
 4.3 アミノ酸側鎖の性質
 4.4 タンパクの一次構造
 4.5 タンパクの二次構造・三次構造
 4.6 ドメイン
 4.7 タンパクの四次構造
 4.8 タンパクの役割

5 核酸:DNAとRNA
 5.1 核酸の構成単位
 5.2 ポリヌクレオチド
 5.3 DNAの構造
 5.4 RNAの構造

6 生命の原動力:自由エネルギー
 6.1 化学平衡と自由エネルギー変化
 6.2 自由エネルギーを使う生体プロセス
 6.3 自由エネルギーの担い手:ATP
 6.4 ATPの再生

7 細胞
 7.1 細胞の内と外
 7.2 浸透圧
 7.3 原核細胞
 7.4 真核細胞
 7.5 生体膜
 7.6 膜輸送
 7.7 エンドサイトシスとエキソサイトシス

II 代謝

8 酵素
 8.1 酵素の基質特異性
 8.2 酵素反応速度
 8.3 酵素反応の最適条件
 8.4 酵素の可逆阻害
 8.5 酵素阻害の意義
 8.6 酵素の共有結合修飾
 8.7 酵素の触媒メカニズム
 8.8 酵素の分類

9 糖代謝
 9.1 糖の消化と吸収
 9.2 解糖
 9.3 糖新生とグリコゲン合成
 9.4 アルコール発酵

10 クエン酸サイクルと呼吸
 10.1 ピルビン酸の酸化分解
 10.2 クエン酸サイクル
 10.3 呼吸と酸化的リン酸化
 10.4 グルコース分解によるATPの生産
 10.5 オキサロ酢酸の補充

11 脂質代謝
 11.1 乳化,消化と吸収
 11.2 脂肪酸のβ酸化
 11.3 糖代謝と脂肪酸代謝のATP生産効率
 11.4 ケトン体
 11.5 脂肪酸合成
 11.6 中性脂肪とリン脂質の合成
 11.7 スフィンゴ脂質
 11.8 コレステロール合成

12 アミノ酸代謝
 12.1 タンパク質の消化と吸収
 12.2 脱アミノとアミノ転移
 12.3 2-オキソ酸の代謝
 12.4 アミノ酸の相互変換と必須アミノ酸
 12.5 尿素サイクル

13 ペントースリン酸経路
 13.1 NADPHの生成
 13.2 糖リン酸の相互変換

14 光合成と窒素固定
 14.1 光合成の明反応
 14.2 暗反応:光合成における炭素の経路
 14.3 植物体成分の合成
 14.4 窒素固定

15 各種生体物質の合成
 15.1 生理活性アミン
 15.2 ヘム
 15.3 ヌクレオチド

III 情報伝達

16 遺伝子の本体
 16.1 遺伝子概念の変遷
 16.2 DNAのパッキング
 16.3 DNAの複製
 16.4 DNAの修復
 16.5 DNAの多様化

17 タンパク合成
 17.1 遺伝情報の流れ
 17.2 転写
 17.3 翻訳
 17.4 遺伝暗号
 17.5 遺伝子発現の制御
 17.6 タンパク質の化学合成

18 遺伝子工学
 18.1 組み換えDNAとその技術
 18.2 塩基配列決定法
 18.3 組み換えDNAの応用

19 細胞と情報
 19.1 細胞間の化学的伝達
 19.2 ホルモン
 19.3 神経
 19.4 免疫



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.