裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『錯体化学(改訂版)』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


化学選書
錯体化学(改訂版)
Coordination Chemistry

名古屋大学名誉教授 理博 山崎一雄・
岡山大学名誉教授 理博 吉川雄三・
筑波大学名誉教授 理博 池田龍一・
元 名古屋大学教授 理博 中村大雄 共著
A5判/330頁/定価5940円(本体5500円+税8%)/1993年5月
ISBN978-4-7853-3310-2 (旧ISBN4-7853-3310-3)

 大学上級以上を対象に,錯体化学の歴史的発展から説き起こし命名法,立体構造,異性現象,構造決定法,電子状態,化学反応などの理解を目標とした.

【目 次】

『錯体化学(改訂版)』 カバー
1 序論
 1.1 配位説成立の背景
 1.2 ウェルナーの配位説
 1.3 日本の錯体化学

2 錯体の命名法
 2.1 定義
 2.2 化学式と名称

3 立体構造と異性現象
 3.1 立体構造
 3.2 異性現象

4 錯体の構造決定
 4.1 スペクトルと磁性
 4.2 結晶とX線構造解析
 4.3 経験的力場計算(コンホメーション解析)

5 錯体の電子構造
 5.1 原子の電子構造
 5.2 配位結合
 5.3 電子密度分布

6 溶液中の平衡と反応
 6.1 錯体の生成平衡
 6.2 置換反応
 6.3 電子移動反応
 6.4 溶液状態の構造研究

7 錯体化学の未来
 7.1 触媒作用
 7.2 生物無機化学
 7.3 光エネルギーの変換
 7.4 超伝導を示す金属化合物
 7.5 錯体化学の未来
 7.6 さらに詳しく知りたい人のために

付録1 参考書ならびに文献
付録2 本書で用いた配位子の略号と構造式
付録3 錯体の分子対称性
付録4 lが3までの球面調和関数
付録5 Oh結晶場におけるd軌道の分裂に関する理論的取り扱い
付録6 錯体中の各種イオン
付録7 原子の電気陰性度
付録8 基底状態における原子の電子配置
付録9 金属錯体の絶対配置の表示



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.