裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『植物のホルモン』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


生命科学シリーズ
植物のホルモン
Plant Hormones

国際基督教大学名誉教授 Ph.D 勝見允行 著
A5判/198頁/定価2700円(本体2500円+税8%)/1991年6月
ISBN978-4-7853-5081-9 (旧ISBN4-7853-5081-4)

 植物の発生・成長の継続・恒常性の維持などすべてにわたって必要とされる植物ホルモン.本書は植物ホルモンの諸性質,作用様式などを最近の知見に基づいてわかりやすく解説した入門書である.

【目 次】

『植物のホルモン』 カバー
1 植物ホルモンの研究について
 1.1 植物ホルモンとは
 1.2 植物ホルモンの条件−PESIGSルール
 1.3 植物成長物質の研究の流れ

2 オーキシン
 2.1 オーキシン発見の歴史
 2.2 オーキシンの種類
 2.3 オーキシンの生合成と代謝
 2.4 オーキシンンの化学構造と作用性
 2.5 オーキシンンの極性輸送
 2.6 植物組織の極性とオーキシンン輸送
 2.7 オーキシンンの生理作用
 2.8 オーキシンンの作用機構

3 ジベレリン
 3.1 ジベレリン発見の歴史
 3.2 ジベレリンの種類と分布
 3.3 ジベレリンの生合成と代謝
 3.4 ジベレリン合成阻害剤
 3.5 ジベレリンの生理作用
 3.6 分子レベルでのジベレリンの作用

4 サイトカイニン
 4.1 サイトカイニン発見の歴史
 4.2 サイトカイニンの種類と分布
 4.3 サイトカイニンの生合成と代謝
 4.4 サイトカイニンの構造と作用性
 4.5 サイトカイニンの生理作用

5 エチレン
 5.1 エチレン発見の歴史
 5.2 エチレンの生合成と代謝
 5.3 エチレンの生理作用

6 アブシジン酸
 6.1 アブシジン酸発見の歴史
 6.2 アブシジン酸の分布
 6.3 アブシジン酸の化学機構と作用性
 6.4 アブシジン酸の生合成と代謝
 6.5 アブシジン酸の生理作用
 6.6 分子レベルでのアブシジン酸の作用

7 ブラシノステロイド
 7.1 ブラシノステロイド発見の歴史
 7.2 ブラシノステロイド関連化合物
 7.3 ブラシノステロイド生理作用

参考文献リスト
索引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.