裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『植物の形態(増訂版)』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


基礎生物学選書3
植物の形態(増訂版)

東京大学名誉教授 理博 原 襄 著
A5判/224頁/定価3996円(本体3700円+税8%)/1984年7月
ISBN978-4-7853-5110-6 (旧ISBN4-7853-5110-1)

【目 次】

『基礎生物学選書 植物の形態』 カバー
1  はじめに
 1.1 植物形態学の概要
 1.2 植物形態学の現状

2  形態の観察方法
 2.1 観察の手段
 2.2 試料の処理

3  植物体の基本的構造
 3.1 器官
 3.2 組織系
 3.3 組織
 3.4 細胞

4  発生・生長・分化
 4.1 植物体の発生・生長
 4.2 分裂組織
 4.3 分化
 4.4 脱分化と再分化
 4.5 分裂組織における分化
 4.6 分化生長
 4.7 分化と圧力・張力の関係
 4.8 細胞間位置関係の再調整

5  シュート(苗条)
 5.1 シュートの概要
 5.2 茎頂(シュート頂)
 5.3 茎頂からの葉原基の発生
 5.4 茎頂の表面観と立体構造
 5.5 葉序
 5.6 茎頂に関する実験
 5.7 (増補)シダ植物の頂端細胞

6  茎
 6.1 外部形態
 6.2 茎と葉の関係
 6.3 主軸と枝との関係
 6.4 茎の前形成層分化
 6.5 茎の維管束分化
 6.6 前形成層・維管束分化に関する実験
 6.7 茎の一次維管束
 6.8 形成層(維管束形成層)
 6.9 二次維管束
 6.10 周皮

7  根
 7.1 根の頂端分裂組織
 7.2 根の組織
 7.3 根の生長・分化
 7.4 根と茎の関係

8  葉
 8.1 葉の外部形態
 8.2 葉の発生・生長
 8.3 葉脈とその分化
 8.4 茎頂からの葉の組織の由来
 8.5 葉の構造

9  花
 9.1 花序と花
 9.2 花序と花芽の形成

10  おわりに
 10.1 共通性と多様性
 10.2 まとめ

増補1 機能からみた構造
  1.1 保護構造
  1.2 支持構造
  1.3 吸収構造
  1.4 同化構造
  1.5 通導構造
  1.6 貯蔵構造
  1.7 通気構造
  1.8 分泌構造
  1.9 運動構造
  1.10 生殖構造

増補2 植物形態学・解剖学の用語の解説
  2.1 器官
  2.2 組織系と組織

参考書(論文)
索引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.