裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『脳の性分化』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


脳の性分化
Brain Development of Sex Differences and Similarities

早稲田大学名誉教授 医博 山内兄人・
順天堂大学名誉教授  理博 新井康允 編著
A5判/442頁/上製/定価6048円(本体5600円+税8%)/2006年1月
ISBN978-4-7853-5913-3 (旧ISBN4-7853-5913-7)

 男女の脳の違いは,性機能ばかりではなく,感覚や行動にも性差を生じさせている.それだけではなく,性のアイデンティティーなど高度な精神機能にまで影響をもつ可能性が示唆されている.本書は脳の性分化における基礎研究の最先端が見え,かつ,現在までの研究経過がたどれるようなものとなることを目標に企画された.脳の構造と機能の性差とその形成機序の最先端の研究結果を網羅したものである.これからの脳の性分化研究の礎になる書である.

『脳の性分化』 内容見本

【目 次】

『脳の性分化』 カバー
1.研究の歴史
  まえがき
  性ホルモンと無排卵連続発情症候群
  ゴナドトロピンの周期的分泌センターと持続的分泌センター
  行動の性分化
  性ステロイドの脳に対する形態学的な作用

2.性分化機序概要
 2.1 一次性分化 −生殖腺の性分化−
  2.1.1 性分化とは
  2.1.2 雄と雌の決定
  2.1.3 遺伝子の働き
  2.1.4 生殖腺の発生と分化
 2.2 二次性分化
  2.2.1 生殖輸管系の分化
  2.2.2 ホルモンの役割
  2.2.3 脳の性分化
  2.2.4 脳の性分化の分子生物学的アスペクト
 2.3 まとめ

3.脳の構造の性差と性分化
 3.1 脳の各部位の性差
  3.1.1 終脳と大脳辺縁系
  3.1.2 視床下部の性差
  3.1.3 下位脳幹の性差
  3.1.4 脊髄の性分化
  3.1.5 末梢神経系の性差
 3.2 神経核形成のメカニズム(アポトーシス)
  3.2.1 はじめに
  3.2.2 アポトーシスとは
  3.2.3 アポトーシスの過程と形態変化
  3.2.4 ニューロンの発生とアポトーシス
  3.2.5 アポトーシスと神経核の性差形成
  3.2.6 アポトーシスに性差がみられる神経核群
  3.2.7 おわりに
 3.3 シナプス形成と性ホルモン
  3.3.1 はじめに
  3.3.2 性中枢のシナプス形成と性ホルモン
  3.3.3 シナプス結合パターンの性分化と性ホルモン
  3.3.4 成体における神経回路の可塑性と性ホルモン
  3.3.5 おわりに
 3.4 神経伝達物質の性差
  3.4.1 はじめに
  3.4.2 ノルアドレナリン
  3.4.3 ドーパミン
  3.4.4 セロトニン
  3.4.5 アセチルコリン
  3.4.6 グルタミン酸,アスパラギン酸,γ-アミノ酪酸(GABA)
  3.4.7 神経ペプチドとその他の神経伝達調節因子
  3.4.8 おわりに
 3.5 まとめ

4.脳の機能の性分化
 4.1 視床下部−下垂体機能の性分化
  4.1.1 性腺刺激ホルモンの中枢性分泌調節機序とその性差
  4.1.2 GnRHニューロンの発生
  4.1.3 ステロイドホルモンの受容体
  4.1.4 ストレス反応と成長ホルモン・プロラクチン分泌の性差
  4.1.5 まとめ
 4.2 行動制御の性分化
  4.2.1 雌性行動
  4.2.2 ニューロンの特性からみた性差
  4.2.3 雄型性行動と勃起
  4.2.4 性指向性
  4.2.5 母性行動
  4.2.6 攻撃行動
  4.2.7 食行動
  4.2.8 まとめ

5.ヒトの感性と脳の性分化
 5.1 ヒトの脳の性分化 −形態・機能・行動・感性−
  5.1.1 はじめに −脳重の男女差−
  5.1.2 大脳半球における男女差
  5.1.3 左右の大脳半球の連絡の男女差
  5.1.4 ヒトの脳における性的二型ニューロングループ
  5.1.5 性的指向とジェンダーアイデンティティとアンドロゲン
 5.2 遊びと絵の性差の形成 −感性の性分化−
  5.2.1 遊びのパターンとアンドロゲン
  5.2.2 子どもの自由画の男女差
  5.2.3 脳の認知機能の性差
 5.3 性同一性障害
  5.3.1 性同一性障害とは
  5.3.2 症状からみた性差
  5.3.3 性同一性障害者の脳の形態
  5.3.4 性的指向と脳の形態
  5.3.5 機能的に引き起こされる性差
  5.3.6 性同一性障害の発現
  5.3.7 性の分化と性同一性障害
  5.3.8 おわりに
 5.4 まとめ

引用文献
索引


執筆者一覧(五十音順)

新井 康允(人間総合科学大学 人間科学部,順天堂大学名誉教授)
加来奈津子(京都府立医科大学 大学院医学研究科)
掛山 正心(東京大学 大学院医学系研究科附属疾患生命工学センター)
加澤 鉄士(埼玉医科大学 医学部)
河田 光博(京都府立医科大学 大学院医学研究科)
近藤 保彦(日本医科大学 医学部)
斎藤  徹(日本獣医生命科学大学 大学院獣医生命科学研究科)
坂本 浩隆(京都府立医科大学 大学院医学研究科)
佐久間康夫(日本医科大学 大学院医学研究科)
住田 浩之(キリンビール(株) 医薬開発研究所)
塚原 伸治((独) 国立環境研究所 環境健康研究領域)
束村 博子(名古屋大学 大学院生命農学研究科)
林 しん治(横浜市立大学 大学院国際総合科学研究科)
舩橋 利也(横浜市立大学 大学院医学研究科)
前川 文彦(自治医科大学 医学部)
前多敬一郎(名古屋大学 大学院生命農学研究科)
松田 賢一( 京都府立医科大学 大学院医学研究科)
松本  明(順天堂大学 医学部)
村上志津子(順天堂大学 医学部)
守  隆夫(帝京平成大学 薬学部)
矢田 俊彦(自治医科大学 医学部)
山内 俊雄(埼玉医科大学 学長)
山内 兄人(早稲田大学 人間科学学術院)



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.