裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『表面分析入門』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


新教科書シリーズ
表面分析入門
Introduction to Surface Analysis

元 物質・材料研究機構理事 工博 吉原一紘・
ナノマテリアル研究所 工博 吉武道子 共著
A5判/132頁/定価2376円(本体2200円+税8%)/1997年9月
ISBN978-4-7853-6102-0 (旧ISBN4-7853-6102-6) (オンデマンド方式による印刷・製本)

 代表的な表面分析法であるオージェ電子分光法とX線光電子分光法に関し,原理からデータの解釈法にいたるまでをやさしく解説したテキスト.
 高度な物理・化学の予備知識は必要なく,本書により,現在使用されている表面分析法についての基礎知識を得ることができる.

【目 次】

『表面分析入門』 カバー
1. はじめに

2. 真空

3. 固体中の電子の状態

4. 電子の脱出過程
 4.1 電子の個体内での移動距離
 4.2 非弾性散乱平均自由行程と減衰長さの関係

5. オージェ電子分光法
 5.1 オージェ電子分光法の原理
 5.2 オージェ電子スペクトル
 5.3 オージェ電子の発生に寄与する物理定数
 5.4 オージェスペクトルの解釈

6. X線光電子分光法
 6.1 X線光電子分光法の原理
 6.2 光電子スペクトル
 6.3 光電子の発生に寄与する物理定数
 6.4 スペクトルの解釈
 6.5 紫外光電子分光法

7. 深さ方向分析
 7.1 電子の脱出深さの角度依存性を利用する方法
 7.2 イオンスパッタリングを利用する方法
 7.3 界面に沿った線分析による方法

8. 励起線源の発生方法
 8.1 電子線の発生方法
 8.2 X線の発生方法

9. 電子分光器の原理
 9.1 簡単な電子の軌道計算
 9.2 分光器の概要

10. 電子分光法による表面分析の応用
 10.1 正常な表面の観察
 10.2 角度分解XPSによる薄膜の分析
 10.3 元素分布測定
 10.4 界面位置の決定
 10.5 帯電とその補正

11. データ処理
 11.1 平滑化
 11.2 微分
 11.3 ピーク位置の決定
 11.4 バックグランド差し引き
 11.5 デコンボリューション
 11.6 ピークフィッティング
 11.7 スペクトル合成
 11.8 ファクターアナリシス

12. 定量法
 12.1 相対感度法
 12.2 純物質を基準として用いる方法

13. 正しいスペクトルを得るために
 13.1 エネルギー軸の校正
 13.2 強度軸の校正
 13.3 分解能の校正

14. その他の表面組成分析法

15. おわりに



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.