裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『材料の工学と先端技術』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


新教科書シリーズ
材料の工学と先端技術
Materials Engineering and Advanced Materials Technology

東京工業大学名誉教授 工博 北條英光 編著
A5判/288頁/定価3672円(本体3400円+税8%)/1997年11月
ISBN978-4-7853-6103-7 (旧ISBN4-7853-6103-4)

 材料の強さについて,器機・設備の故障の原因となる劣化,品質保証状必要な信頼性の問題,また21世紀をリードする先端材料技術に至るまで,詳細に解説した.機械,材料,管理,化学などの学部上級,大学院のテキストとして,また技術者・研究社の参考書としても役立つ.
 姉妹書に『材料の科学と工学』がある.
 (→執筆者一覧

【目 次】

『材料の工学と先端技術』 カバー
1 序論
 1.1 材料の役割と問題点
 1.2 材料科学と技術革新
 1.3 材料と設計・開発
 1.4 地球環境と材料
 1.5 先端プロセッショング技術と極限環境

2 材料の強度と破壊
 2.1 変形と流動
 2.2 特殊な変形,大変形の科学
 2.3 破壊の科学

3 材料の強化と強靱化
 3.1 強化と強靱化
 3.2 強化・強靱化の科学
 3.3 各種材料の強化,強靱化法

4 環境による材料の劣化
 4.1 環境劣化
 4.2 湿食と乾食
 4.3 湿食の電気化学
 4.4 高温劣化と耐熱材料

5 新エネルギー関連材料
 5.1 新エネルギー関連材料とは
 5.2 風力発電
 5.3 石炭ガス化
 5.4 セラミックスガスタービン
 5.5 燃料電池
 5.6 太陽電池

6 光・電磁気材料の科学
 6.1 情報処理機能材料
 6.2 電子セラミックス材料
 6.3 光関係材料

7 超伝導材料
 7.1 はじめに
 7.2 金属系超伝導材料
 7.3 セラミックス系超伝導材料
 7.4 おわりに

8 生体材料
 8.1 まえがき
 8.2 生体の物性
 8.3 医用材料と生体機能
 8.4 歯科補綴材料と接着剤
 8.5 あとがき

9 材料と信頼性
 9.1 信頼性とは
 9.2 信頼性を考えることの必要性と取り組み方
 9.3 材料特性の確率的様相
 9.4 材料の信頼性を考えるための基礎理論
 9.5 ぜい性破壊の統計論
 9.6 疲労破壊の統計論
 9.7 ワイブル統計

執筆者一覧(肩書は執筆当時のもの,[ ]は担当章)

北條英光 (日本大学教授) [第1章]
大野 茂 (日本大学講師) [第1章]
依田連平 (日本材料科学会理事) [第1章]
木村雄二 (工学院大学教授) [第2章,第9章]
津田 健 (東京工業大学教授) [第3章]
竹本幹男 (青山学院大学教授) [第4章]
冨塚 功 (金属材料技術研究所室長) [第5章]
木村 修 (湘南工科大学教授) [第6章]
太刀川恭治 (東海大学教授) [第7章]
宮入裕夫 (東京医科歯科大学教授) [第8章]



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.