裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『伝熱工学』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


機械工学選書
伝熱工学
Heat Transfer

東北大学名誉教授 工博 相原利雄 著
A5判/300頁/定価3780円(本体3500円+税8%)/1994年9月
ISBN978-4-7853-6509-7 (旧ISBN4-7853-6509-9)

 熱工学を専門とする大学院生や技術者向けに,伝熱工学の重要項目をほぼ網羅した参考書である.初学者や広範な技術者向け教科書・参考書としては,同じ著者による姉妹書『エスプレッソ 伝熱工学』がある.
 単なる数式の展開や複雑な解法を羅列することを避け,伝熱現象の本質が理解できるよう記述に工夫が凝らされている.また,各章末に演習問題を設け,読者の理解を確実なものとする助けとしている.

【目 次】

『伝熱工学』 カバー
1 序論
 1.1 熱と温度
 1.2 伝熱工学とは何か
 1.3 伝熱工学をなぜ学ぶか

2 熱伝導
 2.1 熱伝導の法則と熱伝導方程式
 2.2 定常熱伝導
 2.3 非定常熱伝導
 2.4 アナログ法
 演習問題

3 強制対流熱伝達
 3.1 粘性流体の流れと熱伝達
 3.2 層流強制対流熱伝達
 3.3 円管内の層流熱伝達
 3.4 乱流強制対流熱伝達
 3.5 流れに置かれた物体まわりの熱伝達
 3.6 あとがき
 演習問題

4 自由対流熱伝達
 4.1 自由対流現象
 4.2 層流自由対流熱伝達
 4.3 乱流自由対流熱伝達
 4.4 単一物体まわりの自由対流熱伝達
 4.5 干渉を伴う自由対流
 4.6 希薄気体の自由対流
 4.7 表面張力による対流
 4.8 あとがき
 演習問題

5 相変化を伴う熱伝達
 5.1 蒸発と凝縮
 5.2 過熱と沸騰
 5.3 沸騰熱伝達
 5.4 凝縮熱伝達
 5.5 ヒートパイプ
 5.6 あとがき
 演習問題

6 放射伝熱
 6.1 熱放射
 6.2 固体面間の放射伝熱
 6.3 ガスおよび火炎の熱放射
 6.4 あとがき
 演習問題

7 熱交換器
 7.1 熱交換器の形式
 7.2 隔板式熱交換器の特性
 7.3 蓄熱式熱交換器の特性
 7.4 熱交換器設計の基礎
 7.5 代表的な熱交換器の構造と特徴
 7.6 あとがき
 演習問題

8 物質伝達を伴う熱伝達
 8.1 気体中の拡散
 8.2 物質伝達と熱伝達のアナロジー
 8.3 気流中の液滴の蒸発
 8.4 あとがき
 演習問題

演習問題解答例
付表



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.