裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『わかりたい人の流体工学(I)』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


機械工学選書
わかりたい人の 流体工学(I)
Introduction to Fluid Mechanics,vol.1

九州大学名誉教授 工博 深野 徹 著
A5判/234頁/定価3780円(本体3500円+税8%)/1994年12月
ISBN978-4-7853-6510-3 (旧ISBN4-7853-6510-2) オンデマンド方式による印刷・製本

 初学者を対象とした流体工学のテキスト.
現象の物理的内容についての懇切ていねいな説明と,理解を助ける多くの例題,モデルと実際の差異に関する議論など,読者の理解のための工夫あふれる記述が展開される.
読み進むにしたがって,創造的思考の習慣が自然と身につく良書.

【目 次】

『わかりたい人の流体工学(I)』 カバー
1 流体に関する基本的概念
 1.1 人間と流体のかかわり
 1.2 流体とは何か
 1.3 流体の重要な二つの物性値
 1.4 ニュートン流体
 1.5 流れの分類
 1.6 流体運動の理論的取扱い方
 補足問題

2 静止流体の力学
 2.1 圧力の定義
 2.2 圧力の方向性
 2.3 重力場における圧力の分布
 2.4 圧力により壁面にかかる力
 2.5 浮力
 2.6 液面の形状
 補足問題

3 次元解析と相似則
 3.1 実験と相似則
 3.2 次元解析
 3.3 次元の同次性
 3.4 バッキンガムのπ定理
 3.5 π定理の応用
 3.6 π定理の応用上の注意
 3.7 レイレイの方法
 3.8 実験による関数形の決定
 3.9 無次元数
 3.10 相似則
 補足問題

4 流体運動の巨視的モデル
 4.1 検査体積と基礎式
 4.2 質量の保存則
 4.3 運動量の保存則(力の平衡の関係)
 4.4 角運動量の保存則
 4.5 エネルギーの保存則
 4.6 断面内速度分布が流れ方向に変化する場合のエネルギー損失
 4.7 等速度運動する座標系での基礎式
 補足問題

5 管路
 5.1 管路の構成
 5.2 管路の流れの基礎式
 5.3 層流と乱流
 5.4 管路損失
 5.5 分岐管と合流管
 補足問題

6 流速と流量の計測
 6.1 測定原理
 6.2 ピトー管による流速の測定
 6.3 絞りによる流量の測定
 6.4 そのほかの流速計と流量計
 補足問題

7 局所流体挙動の解析のための基礎知識
 7.1 検査体積
 7.2 連続の式
 7.3 流体の基本的挙動
 7.4 流線,流跡線および流脈線
 7.5 流線と流れ関数
 7.6 速度と速度ポテンシャル
 7.7 流れ関数と速度ポテンシャルとの関係
 7.8 渦度と循環
 7.9 渦運動
 補足問題

補足問題解答



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.