裳華房のtwitterをフォローする


オンライン書店の 『ITSと情報通信技術』 購入ページへの直接リンク
amazonhonto楽天ブックスオムニ7BOOKFANe-honHonya Club
丸善 Knowledge Worker紀伊國屋書店TSUTAYA


NetComライブラリ
ITSと情報通信技術
ITS and Information Communication Technology

元 慶應義塾大学教授 工博 松下 温・
千葉工業大学教授 博(工) 屋代智之 共編

A5判/200頁/定価3672円(本体3400円+税8%)/2003年6月
ISBN978-4-7853-6813-5 (旧ISBN4-7853-6813-6)

 カーナビやETCで始まった移動体のIT化が進むであろう近未来の姿と技術の現状を判りやすく解説.社会・環境問題の解決にも期待されているITS(高度道路交通システム)の標準化動向から始まり,車両制御や安全支援技術,旅行ナビゲーション,ヒューマンインタフェースなど多くの関連話題を各研究の第一線の研究者が執筆.

読者対象 大学3年〜

【目 次】

『ITSと情報通信技術』 カバー
第1章 はじめに
 1・1 現代自動車交通とITS
 1・2 交通事故の現状と課題
 1・3 渋滞の現状と課題
 1・4 道路交通による環境問題
 1・5 新しい交通環境へ

第2章 ITSと標準化
 2・1 ITSの開発経緯
 2・2 日本の主要プロジェクトとITS全体像
 2・3 システムアーキテクチャ
 2・4 ITSの国際標準化活動

第3章 画像処理とセンシング技術
 3・1 概要
 3・2 画像処理による交通認識
 3・3 旅行時間計測と推定
 3・4 障害検出システム
 3・5 交通事故記録
 3・6 走行環境認識車載センサ技術
 3・7 今後の課題と展望

第4章 情報通信技術と情報流通プラットフォーム
 4・1 自動料金収受システム(ETC)
 4・2 これからの路車間通信技術
 4・3 車々間通信
 4・4 車内LAN
 4・5 情報プラットフォームとは?
 4・6 ITSプラットフォーム要素技術
 4・7 分散プラットフォーム
 4・8 車両内プラットフォーム
 4・9 技術的課題と今後の展望

第5章 旅行ナビゲーション
 5・1 総論
 5・2 デジタル地図技術
 5・3 位置検出・推定技術
 5・4 経路決定技術
 5・5 ナビゲーション端末の実現技術
 5・6 ナビゲーションの応用
 5・7 課題と今後の展望

第6章 交通管理と制御
 6・1 制御対象とその分類
 6・2 道路交通の管理・制御
 6・3 実時間交通管理・制御
 6・4 3つの基本課題

第7章 ヒューマン・マシン・インタフェース
 7・1 アクティブ・インストラクションとパッシブ・インストラクション
 7・2 音声を用いたインタフェース
 7・3 ドライバ情報の自動獲得に関する研究事例

第8章 ITS車両制御
 8・1 ITS車両制御の概要
 8・2 横方向制御(車線追従制御)
 8・3 縦方向制御
 8・4 今後の展開

第9章 ITS市場導入
 9・1 ITS市場導入における課題
 9・2 市場導入の課題の解決策
 9・3 ITSシミュレータの構成とその機能

索引



         

自然科学書出版 裳華房 SHOKABO Co., Ltd.